2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2017年9月20日 (水)

ラモー 歌劇『レ・パラダン』 ジョイ・バレエ・ストゥーディオ 再演 9/1

【正統派の舞台づくり】

ジョイ・バレエ・ストゥーディオは、2012年の『プラテー』を皮切りに、再演を入れながら、『レ・パラダン』『優雅なインドの国々』とラモー作曲の3つの作品を、フル・スペックでレパートリー化した素晴らしいカンパニーである。私は初回の『プラテー』をみて、このブログのなかで好意的な評価を示した記憶がある。その後、このカンパニーの公演に関心は強かったが、なかなかタイミングが合わずに、これが2度目の視聴となった。『レ・パラダン』は2013年プレミエからの再演であるが、この日の指揮も担当したパリ市立音楽院(CRR de Paris)教授であるステファン・フュジェと、過去の公演でプラテー役を歌った著名なテノール歌手、エミリアーノ・ゴンザレス・トーロのサポートを受けて研究を進め、未だ公刊された現代譜のない作品から、いくつかのピースを現代譜に起こして世界初演する栄誉にも恵まれた。

» 続きを読む

2017年9月 4日 (月)

柴口勲監督 映画『隣人のゆくえ~あの夏の歌声』 @K's cinema (新宿)

【ワンダーランド】

オープニングで遠くから聴こえてくる清純な歌が流れるなかで、校舎の窓外にアンジュレーションのある下関の風景が映り込むと、私の気持ちを察したかのように、そこで立ち止まった少女は窓を開け放ってくれた。不思議と波長の合う映画だった。再び閉じられた窓の錠は、女子生徒が多い学園のせいか、どれも中途半端な斜めに止められているのに現実味が感じられ、ユーモアを感じる。元来、ああいう錠なのかもしれないが。

» 続きを読む

2017年8月 4日 (金)

フーゴー・ヴォルフ 『イタリア歌曲集』 太田直樹(Br)、天羽明惠(S)&花岡千春(pf) 7/20

【ヴォルフのイタリア歌曲集】

フーゴー・ヴォルフの『イタリア歌曲集』全曲(46曲)を、ソプラノの天羽明惠、バリトンの太田直樹が歌い分け、花岡千春がピアノを弾いたリサイタルを楽しんだ。日本にいると、ドイツ歌曲の演奏会はシューベルトとシューマンの作品がほとんどで、女声は他にリヒャルト・シュトラウスを取り上げてくれることもあるが、他ではベートーベン、メンデルスゾーン、マーラーを時々やるぐらいのものでしかない。ブラームスやシェーンベルク、現代のアリベルト・ライマン、そして、ヴォルフなどは、もっと意欲的に成果を積み上げてほしいレパートリーだと思っている。

» 続きを読む

2017年7月13日 (木)

クァルテット・エクセルシオ ブラームス 弦楽四重奏曲第2番 32nd 東京定期 7/8

【日本では彼らにしか組めないプログラム】

この日のクァルテット・エクセルシオ(エク)の演奏会のプログラムは、日本のなかでは、彼らにしか組めないよう演目が並んだ。その内実は、すべてメインで通用するほどの十分なクオリティをもっている。しかし、ベートーベンの後期作品、シューベルトの「死と乙女」「ロザムンデ」のように、ニックネーム付きの著名な作品と比べると、広く知られてはいない。ブラームスだと、3番は比較的、よく演奏されるものの、2番となると稀だ。作曲年は、2年しかちがわないというのに。

» 続きを読む

2017年6月28日 (水)

ダニエル・ブレンドゥルフ リムスキー・コルサコフ 交響組曲『シェヘラザード』 ほか 読響 名曲シリーズ 6/13

【3つのキー】

スウェーデン出身の指揮者ダニエル・ブレンドゥルフの、多彩なアイディアに驚かされた公演だ。1981年、ストックホルムに生まれた音楽家は、まずチェリストとして、トルレイフ・テデーンやハインリッヒ・シフの教えを受けて、立派に道を拓いていた。のちに指揮者に転向し、ヨルマ・パヌラの手解きを受けることになったという。そのせいか、指揮の動作などは先日、来日したサントゥ・マティアス・ロウヴァリとよく似て、からだ全体を駆使するものだった。驚くべきは、そのヴァリエーションゆたかな曲づくりのアイディアだ。メインのリムスキー・コルサコフの交響組曲『シェヘラザード』は、ロシア音楽の繰り返し(オスティナート)の伝統を反映して、似たような音素材が重ねられていくなかで構築される作品だ。その形式がシンフォニックな構造に寄り添っており、なおかつ、リムスキー・コルサコフ独特の多彩な管弦楽の歌わせ方と相互作用を引き起こして、今日、もっとも有名で、華やかと目される作品のひとつとなっている事情がよくわかった。

» 続きを読む

2017年6月22日 (木)

ダニエレ・ルケッティ監督 映画『ローマ法王になる日まで』 ”Call me Francesco” @シネマ・カリテ(新宿)

【導入と時代背景】

ダニエレ・ルケッティ監督の映画『ローマ法王になる日まで』を新宿のシネマ・カリテで拝見した。原題のほうがフレンドリーで、『フランチェスコと呼んで(英:Call me Francesco、伊:Chiamatemi Francesco)』となっており、副題は「みんなのための法王」である。中身はほぼスペイン語で出来ているが、映画冒頭に画面へと浮かぶのは英語題である。私の好むのは一部でも、思いきって意味を放棄したような詩的映画であり、史実をもとにする場合でも、より抽象的な表現こそが映画らしいものと考えている(例えば、ミック・デイヴィス監督の『モディリアーニ~真実の愛』)のだが、この作品は史実を若干、脚色しただけのドキュメンタリー・タッチであり、その範囲においては、非常に質の高いものといえるだろう。そして、過度にリリックな表現を嫌い、ほとんど表現に無駄がないということも強調できる。それでも、じわじわと深い涙を誘ったのだ。

» 続きを読む

2017年6月16日 (金)

ハインツ・ホリガー スカルダネッリ・ツィクルス コンポージアム2017 5/25

【ホリガーとスカルダネッリ】

ハインツ・ホリガーのライフワークともいうべき傑作『スカルダネッリ・ツィクルス』が、東京オペラシティの「コンポージアム2017」の企画として演奏された。「スカルダネッリ」というのは、精神に異常を来した詩人フリードリヒ・ヘルダーリンが用いた自署で、彼の異名である。ヘルダーリンは頭脳明晰で、神学と哲学を修め、鋭いポエジーを示す傑出した詩作品を多く発表していたが、生前、広く認められることはなかった。30代にして統合失調症を病んで、37歳から熱心な支持者であったE.F.ツィンマー家の塔に籠もりがちになり、ほとんど外界との接触を断ちつつ、73歳にして歿した。別に、自殺したわけではない。

» 続きを読む

2017年6月 1日 (木)

フェドセーエフ チャイコフスキー 交響曲第4番 ほか N響 1861st定期 Cプログラム

【錆びついたエンジンも輝かしく再生】

N響の再構築は、2015年に首席指揮者となったパーヴォ・ヤルヴィによって急ピッチで進んでいるようだ。5月の公演は、ピンカス・スタインバーグとウラディーミル・フェドセーエフの指揮によるもので、熟達した彼らの統率力の凄さというのもあるのだろうが、それ以上にオーケストラのコンディションの良さが際立った。近年は実力ある若手・中堅の奏者を集めながらも、全体が活き活きと機能しないN響というイメージだったが、いちどは錆びついたエンジンも輝かしく再生を始めたのだ。アシュケナージやプレヴィンが悪かったというわけではないが、2003年にデュトワが退任したあとは、もう一手を欠いていた印象がある。デュトワは一口にいえば、N響を一挙に現代化した功績がある。オペラを含むプログラムの幅をワイドにし、アンサンブルの質という面でも、伝統的なドイツ的な堅固さを一部削っても、よりしなやかな表現力を手にできるようにした。ところが、彼が音楽監督を辞したあとは明確な方向感を打ち出せずに、あまりにも音楽の「民主主義」が進みすぎたように思われるのだ。

» 続きを読む

2017年5月19日 (金)

ピンカス・スタインバーグ ベルリオーズ 幻想交響曲 ほか N響 オーチャード定期 5/7

【時代的矜持と良心の代表】

以前の来日が放送され、気になっていたピンカス・スタインバーグが、それから12年もの歳月を経て、再びN響の指揮台に立った。オーチャードホールは好きでなかったが、本拠地よりはマシであろうし、前半の独奏がアンヌ・ケフェレックということもあり、聴きに出かけた。メインの『幻想交響曲』も、生で聴くのは久しぶりだ。私の記憶に残っているのは、2006年のジョアン・ファレッタ(都響)による見事なパフォーマンスであり、スタインバーグの前回の来日と大差ない時期だ。私のなかではある程度、「解釈」が決まって、お蔵入りしていた演目ということになる。つまり、それを覆すに正当な根拠、発想力、イマジネイションを発することのできる演奏を選んで聴かなければ、意味がないことになる。さもなくば、私のなかにある音楽が改めて鳴らされるだけであり、目の前で鳴っている音は、ただのカラオケ音源にすぎなくなってしまうからだ。

» 続きを読む

2017年5月15日 (月)

カンブルラン バルトーク 歌劇『青ひげ公の城』 ほか 読響 567th定期 4/15

【イントロダクション】

かつて、日本では十分な準備期間がとれないことから、オペラは振らない(振れない)と明言していたシルヴァン・カンブルランだが、その後、読響と関係を深めたあとでは発想を変え、限られたリソースのなかでも、どうにかできないかと可能性を探るようになってきた。カンブルランは生粋の劇場人であり、その可能性を知らずして、彼の音楽を理解することなどできない。氏の構築する知的なプログラムも、ある意味では劇場的なドラマトゥルギーをそれぞれの演奏会にもたらそうとした結果であるとみることもできようか。かくして、読響とカンブルランにとって、節目ごとに刻まれるオペラ公演は活動の柱と位置づけられるようになってきた。『トリスタンとイゾルデ』、そして、『アッシジの聖フランチェスコ』といった目玉上演を中心に、彼らの活動は組み立てられるようになった。現在は、アッシジに向けて、歩を進めている最中である。

» 続きを読む

«ペドロ・アルフテル ヒナステラ バレエ音楽『エスタンシア』 ほか 新日本フィル ルビー・シリーズ #6 4/14

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント