2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

2017年3月17日 (金)

今井顕のシューベルト D568 & D959 & トークタイム「タブーへの挑戦」 3/8

【ウィーン音楽とビーダーマイヤー】

今井顕は、ウィーンの最高楽府=ウィーン国立音大において、24年間の長きにわたって教鞭をとり、オーストリー政府より名誉教授の終身称号を得たピアニストである。古くはフリードリヒ・グルダ、現在もパウル・バドゥラ・スコダルドルフ・ブッフビンダーなどに継承されるウィーンのピアニズムは、きわめて特徴的な音楽である。フランスの瀟洒で色鮮やかなスタイルや、ドイツ・ピアニズムのカチッとした機能美とは異なり、貴族的な気品とともに、ある種の大らかさが感じられ、ウィンナー・ワルツに象徴される自由な揺らぎがあるせいだろう。ウィーンのピアニストは、圧倒的な技巧的な冴えや演奏の迫力で人を魅せるのではなく、自分だけにしかない意外なこだわりや、遊びの領域を広くもちながらも、現地特有の独特なプラットフォームを守り、めいめいの美学によって飾っていくのである。こうしたことの歴史的起源としては、ウィーン・ハプスブルク帝国のビーダーマイヤー時代に醸成された雰囲気が挙げられる。

» 続きを読む

2017年3月15日 (水)

井上郷子 ピアノ・リサイタル #26 「近藤譲 ピアノ作品集」 3/5

【波のような創作史】

井上郷子は、以前から聴いてみたいアーティストだった。かつて両国門天ホールへアイヴズを聴きにいったときのこと、その企画の芸術監督だった彼女が偶々、私のすぐちかくに座っていたのを記憶している。不明ながら、私はその人を知らなかった。

» 続きを読む

2017年2月19日 (日)

アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18

【太陽王ルイⅩⅣが支援した音楽家たち】

湯島の求道会館で、アンサンブル・ラ・レヴェランスの公演を聴いた。フランソワ・クープランのやや規模の大きな作品を中心に、リュリの作品のチェンバロ(クラヴサン)による編曲ものと、オトテールのオーボエ・デュオを組み合わせ内容だが、その背後にはひっそりと・・・否、堂々たる「太陽王」ルイⅩⅣの陰があった。畏れ多くも、彼はこのプログラムにはっきりと登場していたのかもしれない。リュリの放つフランス的香気と、アルカンジェロ・コレッリに代表されるイタリア趣味を媒介するアポローンの役として。「大クープラン」フランソワは、ややアイロニカルな興趣をもつオマージュ的標題音楽『リュリ讃』において、音楽と神話に関係づけ、彼の英雄リュリがアポローンによって聖地パルナッソス山に招かれ、もう一方の雄コレッリと邂逅し、新たにイタリア趣味を融合したトリオ・ソナタ『パルナッソス山の平和』を生み出すまでの様子を音楽にした。このアポローンがかつてバレエの踊り手として、その役を好んだという太陽王のことを指すのは明らかであり、クープラン、リュリ、オトテールらの支援者として、ルイⅩⅣの存在は欠かせないのである。

» 続きを読む

2017年2月18日 (土)

シルヴァン・カンブルラン(指揮) メシアン 彼方の閃光 読響 566th 定期 1/31

【昔に根づき、かつ、新しい音楽】

先日、NHKのBS放送で米国の放送局制作のドキュメンタリー『鳥たちに人生を重ねて』というプログラムを拝見した。中南米からカナダ方面を結ぶ米国東海岸のニューヨークは、渡り鳥にとっては貴重な中継地。マンハッタンで緑地が一点に集中するセントラル・パークには毎春、200種類を超える様々な鳥たちが訪れ、季節柄、巣を作り、子育てをするという。そんな鳥たちを追う、一歩踏み込んだバードウォッチャーたちの姿を捉えた内容であった。フランスの作曲家、オリヴィエ・メシアンがそのようなことを知っていたのか、私は知らない。1987年、ニューヨークの地から、メシアンに新しい作品の委嘱があった。NYフィルの楽団創立100周年を祝う作品で、1992年の11月に無事、初演されたが、その場に在るべき作曲家の姿は客席にみられなかったという。当年の4月に、メシアンは亡くなっていたからだ。

» 続きを読む

2017年1月30日 (月)

秋山和慶(指揮) 矢代秋雄 ピアノ協奏曲 (pf. 小菅 優) ほか 東響 648th定期 1/14

【フランキストの最期~時代的な潮流】

ことし最初のコンサート鑑賞は、東京交響楽団のものに決めた。楽団に長く貢献した秋山和慶の公演で、演目はメシアン、矢代秋雄、フローラン・シュミットという彼らしい個性的なセレクションとなっている。一見して、19世紀前半以降、パリの楽壇を飾っていく顔ぶれが思い浮かべられるプログラムだが、若干のねじれもある。メシアンは、ポール・デュカにつき、ブーレーズほか、今日までつづく現代音楽のメイン・ストリーム(そういうものがあるとすれば)のなかで、いまも一方ならぬ敬意を払われている作曲家だ。

» 続きを読む

2017年1月15日 (日)

現代音楽演奏コンクール 「競楽XⅡ」(本選) 12/16 

1945年以降の室内楽作品(クラシック音楽)で、そのパフォーマンス、演奏家としてのセルフ・プロデュース・スキルを競う「競楽ⅩⅡ」の本選会を聴いてきた。「競楽」はいわゆるコンペティションの一種ではあるものの、若手音楽家の発掘やプロデュース、教育的な効果や、音楽家どうしの交流をテーマとした一般的なものとは、いささか毛色がちがうものだ。私はこのコンペティションは、既にコンペティションのクラスからはみ出た、優れて個性的な表現意欲をもった音楽家たちの限界と可能性を問うものであると認識している。それは過去の入賞者、参加者をみれば一目瞭然であり、例えば、いま話題性の高い作曲家で、ピアニストの新垣隆も、第4回にヴァイオリンとのデュオで参加して、審査委員特別奨励賞を授かっている。

» 続きを読む

2016年12月21日 (水)

ダンテ・クァルテット スタンフォード 弦楽四重奏曲第5番 ほか @鶴見区民文化センター・サルビアホール(音楽ホール) 11/26

【スタンフォードについて】

ダンテ・クァルテットは、英国を拠点とする弦楽四重奏団である。1995年、前身のピアノ四重奏団 DOMUS としての活動を引き継いで、同団創設メンバーのヴァイオリニスト、クリシア・オソストヴィッチを中心に結成された。リーダー以外のメンバーは近年、入れ替わっており、そのバックボーンも様々だが、演奏のクオリティを聴く限り、グループは発展的に新しい歴史を積み上げてきたといえるだろう。ドームスの活動は、どこにでも出張できる自前のコンサート・スペースを運搬しながら、ボーダーレスな広がりを狙った活動を行うところにあったようだ。現在のメンバーは教育や後進の指導に携わる者が多く、我々に身近なところでは英王立音楽院の教授で、今井信子の高弟であるヴィオリスト、井上祐子がいる(ヴィオラ・スペースなどにも出演)。この日のプログラムも、そうしたところに引っ掛けたような意味合いがあったのかもしれない。

» 続きを読む

2016年10月25日 (火)

エリシュカ チャイコフスキー 交響曲第5番 ほか 札響 594th定期 10/14、15

【もっとも思い入れの深い演目】

このページでは、札響とエリシュカの特別な関係について多くを書いてきたつもりだ。氏にとって、もっとも思い入れが深く、妥協できないヤナーチェクの演目での苦闘に始まり、ドヴォルザークの後期交響曲ツィクルスを通じて、札響は指揮者とともに全国的な注目を浴び、それを背景に大きな成長を果たしてきた。メンバーの移籍、退団、早すぎる痛ましい死などもあったが、それらを乗り越えて、楽団はアンサンブルの精度を大きく高め、明るく開放的な響きをもった素晴らしいオーケストラになってきている。尾高の棚上げを機に、中心的なメンバーの離脱もつづいたが、代わりに若く有能なメンバーを加え、再び成長軌道に復帰したことが確認された。

» 続きを読む

2016年10月 5日 (水)

小林秀子 va 室内楽演奏会 「ヴィオラの巨匠、ライナー・モークを迎えて」 9/18 @ムジカーザ

【欧州に腰を据える日本人】

この演奏会の中心にいたのは、ひとりの音楽家だった。小林秀子はドイツで、ヴィオラ協会の会長にまで上り詰めたステイタスの持ち主で、その見識と技能、それに人望の高さには疑うべきところもない。彼女の師はライナー・モークであり、カラヤン時代のベルリン・フィルで一時期、首席奏者を務めた実力者だが、程なく生地のケルンに帰って、後進の指導に喜びを見出すこととなった。小林もドイツのマンハイム音楽大学で、教授職を務めている。その弟子のひとりがこの日、ヴァイオリンを弾いた白田照頼だ。そして、第1ヴァイオリンを弾いたのは、小林の夫で、ダルムシュタット国立歌劇管で長年、コンサートマスターを務め、室内楽でも活躍するヤツェック・クリムキェーヴィッチ。東京フィル首席チェロ奏者の金木博幸が、我々にとって、もっとも身近だが、彼は小林の日本における学友である。

» 続きを読む

2016年9月22日 (木)

ホアキン・アチュカロ ピアノ・リサイタル アルベニス 「エル・プエルト」「エル・アルバイシン」~『イベリア』 ほか @浜離宮朝日ホール 9/20

【単純性と複雑性との対話】

ホアキン・アチュカロ(アチューカッロ)のピアノ・リサイタルは、本当に不思議な雰囲気だった。ある意味では、期待を裏切られるパフォーマンスだ。アチュカロは1932年生まれ、スペインの巨匠で、世界的にみても特異な位置を占める音楽家といえるが、日本での知名度は、知る人ぞ知るというレヴェルに止まっている。彼は最初の演目として、マイラ・ヘスの編曲によるバッハのカンタータ第147番より『主よ、人の望みの喜びよ』を選び、そうしたイメージをも真っさらにした上で、音楽に集中するよう促していた。私はこの素っ気ない作品の演奏中に、「単純性と複雑性との対話」というキーワードを思いつき、それを念頭に置いて耳を傾けていると、この演奏会が面白いようにうまく嵌まるのに気づいたのだ。だが、そうした予感(あるいは予見)が確信に変わるのは若干、先のほうの話になる。

» 続きを読む

«神田慶一 歌劇『青い海よりおおいもの』 国立オペラ・カンパニー「青いサカナ団」 9/3 (初日)

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント