2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2018年6月21日 (木)

東京国際ヴィオラコンクール 本選①&② 6/1ー2

【力づよい中国の未来】

第2次審査から見守ってき東京国際ヴィオラコンクールも、4人のコンテスタントによる本選に突入した。この日のソワレに開かれたガラ・コンサートでは、コンペティションの副審委員長で、ヴィオラスペース全体のディレクターでもあるアントワン・タメスティ氏が、子どものころ、聴いた音楽は演奏家にとって、非常に重要な影響をもたらすと述べている。例えば、中国のコンテスタントはこれまで、非常にローカルな感覚を示すことが強かった。世界中に華僑が飛び出す開放的な一面も見られるのとは対照的に、国内的には依然として閉鎖系の文化も根強い同国では、音楽の強烈な中国訛りは日本や韓国のそれとは一線を画すものであった。中国を代表するアーティストである傅聰(フー・ツォン)と許忠(シュー・ツォン)、朱暁玫(シュー・シャオメイ)、上海クヮルテットなどのアーティストはどこかにこうした個性をうっすらと残しつつも、ノーブルな西洋音楽の特質を身につけたアジア人の先駆けである。

» 続きを読む

2018年5月31日 (木)

東京国際ヴィオラコンクール 第2次審査 (2日目) 5/30

【早めに絞りすぎた】

コンペティション第2次審査の2日目を聴いた。8人全員を聴いての総括だが、忌憚なくいえば、最初のラウンドの突破を重視し、先のラウンドの準備まで手が回っていないコンテストタントが少なくないのではないかという印象をもった。そして、結果的にみると、よく準備された第1次審査だけで人数を絞ったことが仇となり、コンペティションのなかで成長していくようなコンテスタントを、このラウンドであまり見つけられないことは気になった。経験豊富で、傑出した審査陣からすれば、最初の15分だけで若者たちの才能を見抜くのも容易いことなのかもしれないが、ある程度、枠を広げておくことで、1番目のラウンドを抜けて自信をつけ、スコアを伸ばしてくる若者もいたかもしれないと思うと、いささか残念に思う。

» 続きを読む

2018年5月29日 (火)

第4回東京国際ヴィオラコンクール 第2次審査 初日 5/29

【一挙に8名に絞る】

第4回東京国際ヴィオラコンクールは、5月26日から石橋メモリアルホールでの第1次審査が始まり、13の国と地域から集った32名のコンテスタントのうち、一挙に8名に絞り込まれて、29日からの第2次審査に突入した。この時点で参加者の国籍は5(4)に減り、地元日本に加えて、台湾、中国、韓国、セルヴィアの出場者が残っている。私はこのラウンドを、すべて聴けるように手配をした。個人的なことだが、今年はガラ・コンサートを捨てて、第2次審査の2日間と、ヒンデミット『白鳥を焼く男』による本選2日目にフォーカスして聴くことになっている。第1次審査を経て、選り抜かれた1/3ほどのコンテスタントによる演奏を聴ける予定だったが、若干、誤算が生じた。

» 続きを読む

2018年5月21日 (月)

東京国際ヴィオラコンクール 特徴と、きわめて質の高い実績

今年で第4回を迎える東京国際ヴィオラコンクールを聴くと、世界のヴィオラ界をカヴァーする多彩な人材と、彼らが教授され、身につけてきたスタイルに出会えるという事実を過去の入賞者等の現在の地位から、表示してみます。

【第1回】2009年(9年前)

 優勝:セルゲイ・マーロフ Sergey Malov
 
 ヴァイオリンとヴィオラの両方で、世界中で演奏し、マルチな活躍を続けている。
 チューリッヒ音大(スイス)の教授。
 (http://sergeymalov.com/

» 続きを読む

2018年5月10日 (木)

1年後の映画『愚行録』 (石川慶:監督、貫井徳郎:原作) 妻夫木聡&満島ひかり~映画評としてではなく、社会論として

【満島ひかりが目当てだった映画】

石川慶監督のデビュー作となった映画『愚行録』は、直木賞候補作となった長編ミステリーで、貫井徳郎の原作をもとにしています。観た直後は素材はよくとも、映画としてのクオリティは不十分と感じたのですが、2017年2月の公開から1年以上を経て、じわじわと時代を映す鏡として光を増してきています。同時期に話題になったTVドラマに、「ヒットメーカー」坂元裕二の脚本によるTBS系列の『カルテット』がありました。そこで主要キャストのひとりを演じた、満島ひかりを目当てにみた映画でした。

» 続きを読む

2018年4月19日 (木)

金子陽子 fp (アントン・ヴァルター・モデル) ハイドン ソナタ第62番 / バッハ パルティータ第6番 ほか 鵠沼サロンコンサート 372nd 4/17

【概要】

フランス在住の鍵盤楽器奏者である金子陽子さんのリサイタルを、鵠沼サロンコンサート(室内楽愛好会)の場で聴いた。同会は1990年に発足。江ノ島にちかい鵠沼をベースとして、小規模なレストランなどの会場で質の高い公演を主催し、この日までに370回以上の実績を誇る息の長い活動を続けてきた。現在のサロン・スペースを提供するのはフレンチ・レストラン「レスプリ・フランセ」で、普段は結婚式場、フランス語サークルなどの文化サロンとしても機能しているところのようだ。定員は60名。いちどは足を運んでみたかったサロン・コンサートだったが、ガブリエル・ピアノ四重奏団の演奏を聴いて以来、録音は手もとにコンプリートしている鍵盤奏者、金子陽子の肝煎りによる企画とあれば、悪かろうはずがなかった。

» 続きを読む

2018年2月16日 (金)

東京現音計画 #9 コンポーザーズセレクション4 近藤譲 1/31

【テニーの意外な顔】

東京現音計画の第9回のコンサートは、作曲家の近藤譲によるセレクションの回だった。このグループは、電子音響テクニシャンの有馬純寿、サクソフォン奏者の大石将紀、パーカッショニストの神田佳子、ピアニストの黒田亜樹、そして、チューバやセルパンといった低音の金管楽器を扱う橋本晋哉というメンバーをコアに構成されている。この日は1曲だけ、ヴァイオリンが入る曲があるため、亀井庸州がゲスト出演した。

» 続きを読む

2018年2月 8日 (木)

関根日出男先生 一周忌 追悼演奏会 りんごとさくらのコンサート 2/6

【深いトレモロに感情を込めて】

チェコの言語、音楽、文化の研究家で、医師であった故関根日出男先生の一周忌を悼む音楽公演を覗いてきたので、報告したい。生前、氏は耳鼻咽喉科の医師として、東京の赤坂に開業され、患者を診る一方で、冷戦時代よりチェコの言語や音楽、文化に関する資料の収集等に努められ、日本におけるチェコ音楽の研究と普及に一方ならぬ貢献をされていた。昨年の1月18日、惜しくも亡くなられた。常に医師が本業であり、専門の学者ではなかったにもかかわらず、その業績にはしばしば一目が置かれ、2009年にはチェコ政府より「チェコ芸術の友賞」を授けられたことで、いっそう輝きが増した。

» 続きを読む

2017年12月14日 (木)

デニス・ラッセル・デイヴィス プロコフィエフ 交響曲第6番 ほか 新日本フィル JADE #581 11/29

【フランス6人組とその時代】

デニス・ラッセル・デイヴィスが新日本フィルに初登場したが、なかなかの好相性であった。現在、楽団の体制は上岡で固まっているので、変更の余地は少ないが、可能性があれば、客演を重ねて関係を温めてほしいと願う。それにしても、珍しいプログラムが並んだ。演奏会を貫くキーワードは孤独と協働(他者、もしくは、過去の自分と)、未来への予言と抵抗、本当の愛国心、隠された楽器の役割と関係、2つの戦後と軋む社会、明朗な悲しみ、信仰と平和といったところであろう。これだけのことが、パッと思いつくほどの優れたメッセージに満ちたコンサートだったのである。

» 続きを読む

2017年12月12日 (火)

相曽賢一朗 vn & 濱倫子 pf デュオ・リサイタル ベートーベン ヴァイオリン・ソナタ第1番 ほか @浜離宮朝日ホール 11/24

【新しいデュオ結成】

ピアニストの濱倫子の活動については、このページでも繰り返し取り上げてきた。私が最後に聴いたのは2014年の個人リサイタルで、その後、まったく来日(帰郷)がなかったわけではないが、数年ぶりに足を運ぶことになった。3年前には身重だったのが楽になり、学生時代以来のトリオからは脱けて、少しずつ環境が変わっている。ミリオンコンサート協会に国内のマネジメントが変わっても、あまり見るべきものはなかったが、今回、同事務所のヴァイオリン奏者、相曽賢一朗とデュオを組むことになり、ようやく新しい一歩を踏み出すことができた。両者は数年前から時間を見つけて邂逅を重ねてきたそうだが、2人を結びつけるのに役割を果たしたのはオーディオ出身の評論家で、プロデューサーの中野雄氏であるらしい。濱はドイツのカールスルーエを拠点に活動し、相曽は米国で、それぞれ演奏家、教育者として評価を受ける一方、母国ではあまりにも無関心に曝されているというべきだろう。

» 続きを読む

«【番外記事(フットボール)】清水エスパルス、小林監督の評価について

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント