2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2017年4月26日 (水)

ペドロ・アルフテル ヒナステラ バレエ音楽『エスタンシア』 ほか 新日本フィル ルビー・シリーズ #6 4/14

【カナリア諸島の優しい風】

スペインで活躍する指揮者、ペドロ・アルフテルが、新日本フィルに客演した。同団にはウィーンで同門だった当時の音楽監督C.アルミンクの招聘に応じ、2006年に初めて出演し、プロコフィエフの交響曲第3番などの演目で素晴らしい成果を挙げた。当時は英語読みで、「ハルフター」となっていた。同年の夏、彼の手兵であるスペインのグラン・カナリア・フィルを率いて、再来日を果たしている(そのときは『アルフテル・カーロ』)が、それ以降は本邦との縁が途切れてしまい、NJPへの出演も実に11年ぶりとなる。今回は母国スペインの曲目で固めたが、特にヒナステラのバレエ音楽『エスタンシア』で、ナレーション・歌唱のついた全曲版の演奏は我が国では珍しい例となる。会場は、すみだトリフォニーホール。

» 続きを読む

2017年4月23日 (日)

寺岡清高 ツェムリンスキー 交響詩『人魚姫』 ほか 新交響楽団 237th演奏会 4/23

【イン・テンポで始まるビーダーマイヤー時代】

寺岡清高の指揮による、新交響楽団の演奏を聴いた。彼のつくった演奏を聴くのは、2007年のブルーメン・フィルに客演したとき以来のことで、いま、大阪響(旧大阪シンフォニカー)のポストにあるように、どちらかというと関西でプレゼンスを示している指揮者。関東では、アマチュアへの出演が多いという印象になる。もっとも本人はいま、ウィーン在住ということであり、この日のようなプログラムにも現地の風が吹くというはずであった。ビーダーマイヤーから世紀末的ロマンティシズムの終焉に至るウィーン音楽の精緻を確かめる試みは果たして、どの程度、成功したのであろうか?

» 続きを読む

2017年4月10日 (月)

古楽アンサンブル コントラポント with ヴォーカル・アンサンブル カペラ モンテヴェルディ ミサ「イン・イロ・テンポレ」 ほか 3/17

【概要】

クラウディオ・モンテヴェルディの『聖母マリアの夕べの祈り』、通称して『ヴェスプロ』は、古楽の演奏家や研究者、愛好家にとっては、特別な意味をもつ大曲である。歴史的にも音楽の系統の「汽水域」に位置し、その原点において圧倒的な新しさを示した、作曲家の物凄さを象徴する作品である。宗教的な興趣に基づく純粋な感動、多様で味わいぶかい独唱および合唱と、器楽のゆたかなヴァリエーション。楽器構成の今日にはない特徴と独特の魅力を含めて、この作品を知って、深く愛さない人はないというほどである。

» 続きを読む

2017年3月25日 (土)

エリシュカ ブラームス交響曲第1番 札響 2日目公演&東京公演 3/11、14

【ブラームス交響曲ツィクルス最終回】

首席客演指揮者のラドミル・エリシュカと札響が、ブラームスの交響曲ツィクルス最終回となる第1番を札幌と東京で演奏した。エリシュカはヨーロッパである程度、共有されている感じ方があるとして、それを日本に伝えることを目的にツィクルスを進めてきたという。ツィクルスの演奏はアルトゥス・レーベルによりすべて録音され、市販されている。ドヴォルザークのツィクルス公演をおえたあとで、チャイコフスキーと並行して、彼らが追ってきた新しい目標が一応の完結を迎える特別な日であった。札幌2日目の3月11日と、東京公演3月14日を追ったリポートを示す。

» 続きを読む

2017年3月17日 (金)

今井顕のシューベルト D568 & D959 & トークタイム「タブーへの挑戦」 3/8

【ウィーン音楽とビーダーマイヤー】

今井顕は、ウィーンの最高楽府=ウィーン国立音大において、24年間の長きにわたって教鞭をとり、オーストリー政府より名誉教授の終身称号を得たピアニストである。古くはフリードリヒ・グルダ、現在もパウル・バドゥラ・スコダルドルフ・ブッフビンダーなどに継承されるウィーンのピアニズムは、きわめて特徴的な音楽である。フランスの瀟洒で色鮮やかなスタイルや、ドイツ・ピアニズムのカチッとした機能美とは異なり、貴族的な気品とともに、ある種の大らかさが感じられ、ウィンナー・ワルツに象徴される自由な揺らぎがあるせいだろう。ウィーンのピアニストは、圧倒的な技巧的な冴えや演奏の迫力で人を魅せるのではなく、自分だけにしかない意外なこだわりや、遊びの領域を広くもちながらも、現地特有の独特なプラットフォームを守り、めいめいの美学によって飾っていくのである。こうしたことの歴史的起源としては、ウィーン・ハプスブルク帝国のビーダーマイヤー時代に醸成された雰囲気が挙げられる。

» 続きを読む

2017年3月15日 (水)

井上郷子 ピアノ・リサイタル #26 「近藤譲 ピアノ作品集」 3/5

【波のような創作史】

井上郷子は、以前から聴いてみたいアーティストだった。かつて両国門天ホールへアイヴズを聴きにいったときのこと、その企画の芸術監督だった彼女が偶々、私のすぐちかくに座っていたのを記憶している。不明ながら、私はその人を知らなかった。

» 続きを読む

2017年2月19日 (日)

アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18

【太陽王ルイⅩⅣが支援した音楽家たち】

湯島の求道会館で、アンサンブル・ラ・レヴェランスの公演を聴いた。フランソワ・クープランのやや規模の大きな作品を中心に、リュリの作品のチェンバロ(クラヴサン)による編曲ものと、オトテールのオーボエ・デュオを組み合わせ内容だが、その背後にはひっそりと・・・否、堂々たる「太陽王」ルイⅩⅣの陰があった。畏れ多くも、彼はこのプログラムにはっきりと登場していたのかもしれない。リュリの放つフランス的香気と、アルカンジェロ・コレッリに代表されるイタリア趣味を媒介するアポローンの役として。「大クープラン」フランソワは、ややアイロニカルな興趣をもつオマージュ的標題音楽『リュリ讃』において、音楽と神話に関係づけ、彼の英雄リュリがアポローンによって聖地パルナッソス山に招かれ、もう一方の雄コレッリと邂逅し、新たにイタリア趣味を融合したトリオ・ソナタ『パルナッソス山の平和』を生み出すまでの様子を音楽にした。このアポローンがかつてバレエの踊り手として、その役を好んだという太陽王のことを指すのは明らかであり、クープラン、リュリ、オトテールらの支援者として、ルイⅩⅣの存在は欠かせないのである。

» 続きを読む

2017年2月18日 (土)

シルヴァン・カンブルラン(指揮) メシアン 彼方の閃光 読響 566th 定期 1/31

【昔に根づき、かつ、新しい音楽】

先日、NHKのBS放送で米国の放送局制作のドキュメンタリー『鳥たちに人生を重ねて』というプログラムを拝見した。中南米からカナダ方面を結ぶ米国東海岸のニューヨークは、渡り鳥にとっては貴重な中継地。マンハッタンで緑地が一点に集中するセントラル・パークには毎春、200種類を超える様々な鳥たちが訪れ、季節柄、巣を作り、子育てをするという。そんな鳥たちを追う、一歩踏み込んだバードウォッチャーたちの姿を捉えた内容であった。フランスの作曲家、オリヴィエ・メシアンがそのようなことを知っていたのか、私は知らない。1987年、ニューヨークの地から、メシアンに新しい作品の委嘱があった。NYフィルの楽団創立100周年を祝う作品で、1992年の11月に無事、初演されたが、その場に在るべき作曲家の姿は客席にみられなかったという。当年の4月に、メシアンは亡くなっていたからだ。

» 続きを読む

2017年1月30日 (月)

秋山和慶(指揮) 矢代秋雄 ピアノ協奏曲 (pf. 小菅 優) ほか 東響 648th定期 1/14

【フランキストの最期~時代的な潮流】

ことし最初のコンサート鑑賞は、東京交響楽団のものに決めた。楽団に長く貢献した秋山和慶の公演で、演目はメシアン、矢代秋雄、フローラン・シュミットという彼らしい個性的なセレクションとなっている。一見して、19世紀前半以降、パリの楽壇を飾っていく顔ぶれが思い浮かべられるプログラムだが、若干のねじれもある。メシアンは、ポール・デュカにつき、ブーレーズほか、今日までつづく現代音楽のメイン・ストリーム(そういうものがあるとすれば)のなかで、いまも一方ならぬ敬意を払われている作曲家だ。

» 続きを読む

2017年1月15日 (日)

現代音楽演奏コンクール 「競楽XⅡ」(本選) 12/16 

1945年以降の室内楽作品(クラシック音楽)で、そのパフォーマンス、演奏家としてのセルフ・プロデュース・スキルを競う「競楽ⅩⅡ」の本選会を聴いてきた。「競楽」はいわゆるコンペティションの一種ではあるものの、若手音楽家の発掘やプロデュース、教育的な効果や、音楽家どうしの交流をテーマとした一般的なものとは、いささか毛色がちがうものだ。私はこのコンペティションは、既にコンペティションのクラスからはみ出た、優れて個性的な表現意欲をもった音楽家たちの限界と可能性を問うものであると認識している。それは過去の入賞者、参加者をみれば一目瞭然であり、例えば、いま話題性の高い作曲家で、ピアニストの新垣隆も、第4回にヴァイオリンとのデュオで参加して、審査委員特別奨励賞を授かっている。

» 続きを読む

«ダンテ・クァルテット スタンフォード 弦楽四重奏曲第5番 ほか @鶴見区民文化センター・サルビアホール(音楽ホール) 11/26

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント