2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 下野竜也 ドヴォルザーク 「伝説」 紀尾井シンフォニエッタ東京 7/10 | トップページ | 神田慶一 青いサカナ団 創立20周年記念コンサート 7/11 »

2009年7月11日 (土)

カリニャーニ ローマ三部作 読響 芸劇マチネー 7/11

         1

パオロ・カリニャーニの客演した、読売日本交響楽団の演奏を聴いた。最近までフランクフルト歌劇場のGMDとして目覚ましい実績を挙げていたカリニャーニは、読響へは確か3回目の客演となるはずだが、いずれも好評を得てきた。この日のプログラムは、レスピーギのローマ三部作による。コンマスは、藤原浜雄。

         2

これまで、カリニャーニの演奏は買ってきたつもりだが、2年ぶりに聴く今回の演奏は、私にはキツく感じられたものである。曲目自体がド派手なことはあるにしても、とりわけ強奏部分の乾いたサウンドは聴き手の余裕を奪うものであり、コバケン的な力押しではないのだが、やや芯を押し出しすぎたきらいがある。プログラミング的にも、いきなり「ローマの祭り」を演奏するというのは、空きっ腹にビールをがぶ飲みするようなもので、頂けない。正直なところ、あまり思い出したくないので、つぶさに書くことは控える。

ラザレフが読響でこの曲をやったときは、もっと大暴れだったけども、それなのに、響きには不思議な艶があって、耳が痛くなることはなかった・・・ことを書いておこう。ただし、主顕祭の部分だけは、さすがにイタリー人らしいアドヴァンテージを生かす。金管主体のジャズ風な旋律線を身体を反るようにして上手に受け流し、サルタレッロの部分は独特のリズムを完璧にコントロールするだけでなく、適度に遊びも入れている。最後の、「ダン・ダン・ダン!」がきれいに決まり、カリニャーニもご満悦のようだった。

         3

前半、免疫ができたおかげで、後半は、それなりに楽しむことはできた。なかでも、「ローマの噴水」の一筆書きは、身体にすっと馴染む演奏である。弦がツーと響きを延ばす冒頭部分に始まり、各パートの粘りづよい音楽づくりが好感を誘う。その最初の部分は、スメタナの「ヴルダヴァ」の開始を思わせる不思議な響きが、管楽器が入った途端に色彩を帯び、チョロチョロ流れる水のイメージと結びつくのが、丁寧に描かれている。

トリトーネからトレヴィの部分には強奏する部分があるが、先の「祭り」と比べると、ずっと抑えの効いた表現である。トレヴィは、リヒャルト・シュトラウスの「アルプス交響曲」とよく似た響きだが、「噴水」の1年前に初演された作品を、ローマにいたレスピーギが耳にしていた可能性は低いだろう。だが、今回の演奏を聴いていて感じたことは、レスピーギの音楽のなかに、意外なほどワーグナーの影が溶け込んでいるということで、ワグネリアンだったシュトラウスとレスピーギが似たような響きを思いついたということは、少しく示唆的である。

今回の演奏で特に素晴らしかったのはサンセット(メディチ荘)の部分で、先に述べた粘りづよいアンサンブルが、引き延ばされた夕景の持続を、独特のノスタルジーに染め上げている。

         4

最後は、「ローマの松」である。最初に「祭り」を演奏したことを批判したが、この「松」が最後に置かれるのは納得がいく。演奏効果のあがりやすい曲なので、それなりに満足感を与えるが、全体的にみると、いたって普通の演奏だ。そのなかで、ジャニコロは、主要なモティーフを吹く藤井洋子のクラリネットの、穏やかな響きが耳を惹いた。鳥の声は水笛などを使う場合もあるが、今回はスピーカーを使用した。

締め括りとなるアッピア街道では、イングリッシュ・ホルンの緊張感のある響きが、楽曲を引き締めていた。金管のバンダは高いオルガン席の脇に配置したので、響きが迫ってくるときの効果はイマイチ。しかし、それに頼らず、パーツを丁寧に組み立てて、正攻法で響きを盛り上げていくのは悪くないアイディア。岡田のティンパニーが轟音を上げる。最後、トゥッティの盛り上がりをつくりながら、切るまえにヴィオラ方面に顔を向けて響きを確認するあたり、意外な冷静さをみせるのは驚きだった。

         5

今回は、やや空回りな感じであろうか。やはり、この人はピットに入ってもらうほうが、いい仕事をしてくれそうな気がする。また、読響はここのところ、ドイツ的な響きが主体になっており、こうしたプログラムをやるときにカリニャーニの求める響きと、若干、ズレがあるようにも思えた。カリニャーニ自身、ドイツ暮らしが長かったこともあって、感覚が鈍くなっているのかもしれない。このあたりの音色の柔らかさ、茶目っけ、響きのヴァリュエーションを、カンブルランに鍛えてほしいと願うものだ。

【プログラム】 2009年7月11日

1、レスピーギ ローマの祭り
2、レスピーギ ローマの噴水
3、レスピーギ ローマの松

 コンサートマスター:藤原 浜雄

 於:東京芸術劇場

« 下野竜也 ドヴォルザーク 「伝説」 紀尾井シンフォニエッタ東京 7/10 | トップページ | 神田慶一 青いサカナ団 創立20周年記念コンサート 7/11 »

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/45603696

この記事へのトラックバック一覧です: カリニャーニ ローマ三部作 読響 芸劇マチネー 7/11:

« 下野竜也 ドヴォルザーク 「伝説」 紀尾井シンフォニエッタ東京 7/10 | トップページ | 神田慶一 青いサカナ団 創立20周年記念コンサート 7/11 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント