2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 小森輝彦 & 佐々木典子 オペラ・アリアの夕べ 2009 @トッパンホール 7/25 | トップページ | 広上淳一 メンデルスゾーン 「イタリア」交響曲 日フィル フェスタサマーミューザ川崎 8/5 »

2009年7月29日 (水)

下野竜也 ワーグナー・ガラ 読響 フェスタサマーミューザ川崎 7/28

ミューザ川崎を舞台に、毎夏の恒例となった「フェスタサマーミューザ川崎」は26日に東響の演奏で幕を開け、2日目は東京フィル、そして、28日は平日マチネーで、読売日本交響楽団が登場した。正指揮者の下野竜也が指揮を執り、ワーグナー・プログラムである。コンマスは、デヴィッド・ノーラン。

開演前のプレトークでは、甚平羽織にサングラス姿で下野が登場。見事な出オチをかましてくれたが、内容は、「ジークフリート牧歌」についてのネタを中心に、ワーグナーとコジマ、それを取り巻く人間関係のおはなしと、ワーグナー作品で使用される特殊楽器のプレゼンテーション。最後に、ワグナーテューバとテューバによるヤッターマンの演奏のサーヴィスがついて終わった。

【温かいジークフリート牧歌】

さて、本編のワーグナーは、多分、生粋のワグネリアンには物足りないものだったと思うが、それはまた、私にとっては、なかなか舌触りがよかったということになる。

特に、ワーグナーの作品のなかで、私がなによりも愛している「ジークフリート牧歌」の演奏は、そうしたさっぱりしたサウンドが調度よく、下野の人間的な優しさが滲み出たものになっていた。今回は自邸の階段でコジマに聴かせたときの演奏を再現する形で、せり上がりを使い、17人の奏者を段々に並べての演奏であった。こうしてみると、響きに過剰な力みがなく、ワーグナーが1つ1つの声部に仕込んだ周到な配慮が、我々にもよくわかる。手綱を締め、慌てず騒がずの演奏が粘りづよくおこなわれ、その分、緊張感を保つのは難しく、演奏はタイトなものになる。だが、プレトークの内容もすこし効いていて、我々は、コジマのいたような位置(立場)で演奏を聴くことができたので、とても温かい気持ちになって、多少の瑕は気にもならない。

【前半の曲目】

これを真ん中に、前半はより新しいイメージで捉えられ、後半は、正攻法のどっしりした響きで決めている。最初の「マイスタージンガー」の〈第3幕への前奏曲〉は、クライマックスとなる歌合戦のイメージを取り込み、多様な音楽性が刻み込まれている前奏曲のフォルムのゆたかさを、よく示している。演奏は控えめで、ザックスの諦念のテーマも柔らかく織り込まれている。

つづく「タンホイザー」の序曲は、すっきりしたフォルムで無駄がなく、構造の起伏を自然に歩んでいくような演奏が特徴的だ。今回、ほとんどの曲で共通するように、全体的に遅めのテンポが選ばれ、クライマックスですこし見栄を張って、さっと抜けていくのが常套手段になっている。この曲では、弾き終わりにかけての強弱の扱いが見事で、巡礼が遠ざかっていく最後の部分まで構造の網目がぎっしり詰まっているっことがよくわかる演奏だ。ノーランと小森田がソロ・パートを弾き、第1ヴァイオリンを次のプルトの2人で支える部分は印象的で、楽団の底力をしっかと証明するものであろう。

【後半の曲目】

「ジークフリート牧歌」をはさみ、後半の2曲がやはり耳を惹く。「神々の黄昏」の〈ジークフリートの死と葬送音楽〉は、英雄の死に相応しい構造物(動機)のぶつかりあいが、ガツガツとした骨太の感動を紡いでいく名シーンを堪能させる。そして、最後の「マイスタージンガー」第1幕への前奏曲は、壮絶な演奏だった。全体を通して共通する特徴だが、曲想の変化につけきれず、場面の移行が硬いのは止むを得ない。しかし、それを除けば、弦・管・打が押しあった情報量の多い演奏で、拍節感もしっかりしており、聴きごたえがある。

最初の部分や、中間の木管とホルンによる場面で、古典的な対位法の構造を見せているのが面白く、それを突き抜けて新しい音楽へ移行していくときの生命感は無類である。主要なテーマをテューバで吹くところは、次田心平がこの楽器の良さをうまく引き出した、「人間の内側から出てくる」(これは、鄭明勲の言葉を拝借)深い音色で聞かせ、ぐっと来るものがあった。周りにも、これを生かそうとする意図を感じる。だが、そこだけに限らず、音よりも、こころを受け渡していく全体の合奏はソウルフルに仕上がり、これが「第1幕への前奏曲」だったら、その日のオペラは本当に楽しみになるだろうというような、濃厚な演奏になっていた。

【まとめ】

全体的に下野らしい音楽づくりが堪能でき、なかなかに楽しめたコンサートではあった。しかし、途中で言ったように、まだまだ読響のオペラ・ナンバーには問題があり、ワーグナーならまだいいかと思ったが、やはり、音色の硬さや、場面が受け渡される部分のこころとの切り替えと、フォルムの柔らかな推移ということについては、まだまだ経験のなさが露呈する。

また、指揮者のほうも、ワーグナー作品を本当の意味で理解できているとは言い難い部分もあるのだが、それは彼の置かれた状況からみれば止むを得ず、その範囲で、自分らしいフォルムを追い求めてみたことは、決して批判すべきことではない。オケ、指揮者ともに、今後、鍛えていってほしい部分があったというだけのことにすぎない。なお、アプローズのあと、予想どおり、アンコールに「ワルキューレの騎行」が演奏され、華やかに締め括られた演奏会である。

【プログラム】 2009年7月28日

オール・ワーグナー・プログラム
1、第3幕への前奏曲~「ニュルンベルクのマイスタージンガー」
2、序曲~タンホイザー
3、ジークフリート牧歌
4、ジークフリートの死と葬送音楽~「神々の黄昏」
5、第1幕への前奏曲~「ニュルンベルクのマイスタージンガー」

 コンサートマスター:デヴィッド・ノーラン

 於:ミューザ川崎シンフォニーホール

« 小森輝彦 & 佐々木典子 オペラ・アリアの夕べ 2009 @トッパンホール 7/25 | トップページ | 広上淳一 メンデルスゾーン 「イタリア」交響曲 日フィル フェスタサマーミューザ川崎 8/5 »

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/45771372

この記事へのトラックバック一覧です: 下野竜也 ワーグナー・ガラ 読響 フェスタサマーミューザ川崎 7/28:

« 小森輝彦 & 佐々木典子 オペラ・アリアの夕べ 2009 @トッパンホール 7/25 | トップページ | 広上淳一 メンデルスゾーン 「イタリア」交響曲 日フィル フェスタサマーミューザ川崎 8/5 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント