2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ① | トップページ | 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ③ »

2009年8月26日 (水)

小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ②

【16:00 音色の開花・・・東洋への憧れ】

16時から始まった2回目のセクションでは、正にドビュッシーの円熟期の作品が演奏された。ドビュッシーのイメージを中心的に形成する初期から中期までの作品と比べると、このあたりの作品の演奏機会はぐっと少なくなる。その点、『版画』『映像Ⅰ』『映像Ⅱ』という3つの曲集からの演奏は、小川典子にとって真骨頂というところになるのかもしれない。

まず、『版画』の〈パゴダ〉については、じっとりと湿り気がへばりつくようなイメージは、寒い国に住む若い人たち(小川は英国・ギルドホール音楽院の教授)には理解しにくいようだと言っていたが、その点、我々には分がある。ただ、この作品に描かれているのは、もっと蒸し暑い東南アジアの寺院の姿なのだろう。小川の演奏はそうした叙景的な部分を響きのだらだらした揺らぎで表現するとともに、その内側に脈づく人間の叙情性をひっそりと忍び込ませていることも見逃せない。

『映像Ⅰ』の解説ではペダルの効果などに触れて、ピアノが「水」を表現するには適しているという解説を入れていたのは留意すべきだ。その効果を存分に顕現させた〈水の反映〉の演奏は、小川の精妙な打鍵とペダル・ワークを鑑賞するには格好の素材である。第1部の〈月の光〉同様、いかにも典型的なドビュッシーらしい作品だが、小川はこうした曲において、特に注意ぶかい配慮を示しているようだ。つまり、過度に甘ったるくなったり、イメージをつくりすぎないようにして、楽譜に示された以上のイメージに溺れないことで、作品の奥行きを失わないようにしているのだ。

〈ラモーを讃えて〉は単純なオマージュ作品としてではなく、非常にダイナミックな読み替えを印象づけており、母国の先達を新しい時代の語法で出迎えたというような音楽づくりは独特である。〈運動〉は華やかな技巧性に溺れることなく、1つ1つの打鍵に気を配った丁寧な演奏で、和声やその動きが明瞭で、印象に刻まれる。これが最後のエチュードの演奏のところで生きてくるのだが、そのことについては後述する。ストラヴィンスキー『ペトルーシュカ』や、ブーレーズ『構造』などを思わせるヴィヴィッドなイメージが、丁寧に織り上げられていた。

『映像Ⅱ』は強弱の「ピアノ」を中心とした3曲を取り上げたが、しかし、それはかえって「ピアノ」の多様な表現法を示すパフォーマンスとなった。〈葉ずえを渡る鐘〉では響きそのものが小さくなり、葉ずえをサワサワと抜けて吹いてくる風の音に、ほんのり載った鐘の響きを自然に浮かび上がらせる。つづく〈荒れた寺にかかる月〉では、音量よりも打鍵の軽さに注意して、鬱蒼とした森の蔭、廃寺となった建物に薄く月光が射すミステリアスな風景を、しんなりと描き上げる。〈金色の魚〉は響き自体は十分に豪勢で、ニシキゴイの華やかさを遺憾なく表現しながら、音楽の落ち着きだけで優雅に「ピアノ」を演出するという解釈の妙を披露した。

そのほかで気づいた点としては、まず、〈荒れた寺にかかる月〉の寺院のイメージが、どういうわけか、ステンドグラスのはまった西洋式のそれではなく、背の低い日本的な、しかも、かなり田舎の小さなお寺のイメージとして受け取れたことだ。これは具体的に、何がそのようなイメージにつながったのか指摘できないし、私だけが抱いた印象であるかもわからない。

また、『版画』の〈雨の庭〉では、後半のブリッジの部分に単純な音階によってつくられた素材が、明瞭に提示され、これもエチュードの演奏と関係があるように思う。

(③につづく)

« 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ① | トップページ | 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ③ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/46031341

この記事へのトラックバック一覧です: 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ②:

« 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ① | トップページ | 小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ③ »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント