2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 8月6日、原爆投下の日に | トップページ | 宮部小牧 ソプラノ・リサイタル 真夏の夜の夢 8/8 »

2009年8月 9日 (日)

小森輝彦・服部容子 デュオ・リサイタル @カザルスホール 8/7

毎夏、おこなわれているバリトンの小森輝彦と、ピアニストの服部容子とのデュオ・コンサートを聴いた。昨年はイタリア・オペラに焦点をあわせた公演だったが、今回は前半にマーラーの歌曲、後半はイタリア・ヴェリズモのオペラ・ナンバーが取り上げられ、間に、服部の独奏が2曲という形である。言ってみれば、性格が正反対になっているものを取り上げたというわけで、いつもながら意欲的な構成だ。

【素材の似ている2つの作品を・・・】

マーラー『さすらう若人の歌』ではじまったコンサートだが、小森としてはやや控えめな立ち上がりとなった。慎重ではあるが、よく練られた表現を披露し、「若人」への直接的な共感というよりは、一歩引いたところから温めなおした感じの歌ときこえた。また、この曲では、いかにもマーラー的なイロニーよりは、シューベルト的なナイーヴな歌いくちが重視されているように思えた。例えば、第2曲「草に朝露が光る野を行くと」では、最後に反転して沈み込んでしまう部分が諧謔的ではなく、より素直な流れになっている。

また、第4曲の「私の恋人の、二つの青い瞳」では、菩提樹の陰で安らかに眠ることができた・・・と歌われる部分以降、例えば死への憧憬というような解釈もできる部分を、恋人から去っていくことへのサバサバした想いとして歌っているように感じさせ、仰々しいマーラー歌曲の世界を、いくらか爽やかに捉えなおしているのは、盲点を突くような発想ではなかろうか。

一方、『子どもの魔法の角笛』は『さすらう若人の歌』とは形式や歌詞で似ている部分が多いとされるが、小森は先刻よりもウィットを重視し、素材としては似通ったものを用意しながら、まったく性格のちがうものであるかのように歌い上げた。そのアイディアは、ピアノのほうにも染みわたっており、例えば、「美しいトランペットが響くところ」の伴奏に現れるマーチが人を喰ったような雰囲気を醸し出していたのが印象的だ。全体を通した雰囲気は、毒気よりも健康的なユーモアに満たされており、伝説的なマーラーの変人ぶりからみると、ずっと外向的な面が表現されているように思える。

この点、小森がどういう意図で表現したのか、詳しく聞いてみたい感じがするほどだ。

なお、曲目としては、「歩哨の夜の歌」「美しいトランペット・・・」「起床喇叭」「高い知性への賞賛」の4曲を選び、意図的に、『若人の歌』における4曲の構成となるべく近くなるように配慮され、歌い方だけで、それを表現しているのが興味ぶかいところである。

【後半はヴェリズモ】

後半は、ジョルダーノの歌劇『アンドレア・シェニエ』、ジェラールのアリアから始まる。第1幕、貴族たちへの復讐を誓う「このソファーはお喋りにおあつらえ向きだな~あなたはその歳まで60年もの間」と、革命後も立場がさほど変わらないことを嘆く第3幕の「躊躇うのか?・・・祖国の敵だと?」は、革命の矛盾を鋭く抉った部分である。ここでは、ジェラールの力強い志と、その裏にいつも潜んでいる人間的な弱さを二重写しにして歌うと、その政治的なテーマまでが自然に浮かび上がってくる。小森のジェラールは、愛にも政治にも真っすぐすぎるために、過ちを犯すジェラールのキャラクターを端的に示す瑞々しく、清潔な歌いくちが特徴で、この男の犯す悪巧みの裏にあるものをしっかりと炙り出す感じだ。

レオンカヴァッロの歌劇『ボエーム』は、同名のプッチーニの名作とまったく同じ素材。もともとは、レオンカヴァッロが、プッチーニに制作を勧めたのだという。ここで気づくのは、前半のマーラーの2つの曲目が似たような形式や素材を使いながら、まるで対照的に表現されたことである。今回、プッチーニのほうは歌わなかったが、ここで取り上げたロドルフォのアリア「風よ、吹き荒べ」は、第4幕の最初でロドルフォが自虐的に歌うナンバーで、プッチーニには、こうした部分はないが、やがて来るミミの喪失に象徴されるような、ロドルフォの人間的な敗北をよく示す場面といえる。

様々な誘惑を用いて、戸を開けろと呼びかける妄想の悪魔との対話は、『角笛』の最後に歌った「高い知性への賞賛」と似たような内容のイロニーを含んでいるが、片や歌曲、片や歌劇の一部分だけに、こちらのほうがより立体的なイメージで、歌われていたようにも思える。また、最後に死神となった悪魔を受け容れるロドルフォの心情は、マーラーの世界をイメージさせるところもある。ただ、それは小森の解釈とは微妙にずれており、このあたりの不思議なずれというのが面白い。

ピアノのほうも、はじめの嵐の描写から、悪魔の出現、そして、彼とロドルフォの対話を立体的に描いており、きわめて雄弁であった。

【最後はスカルピアのテ・デウム】

最後は、プッチーニの歌劇『トスカ』第1幕の名場面、スカルピアの「テ・デウム」。2日前にハイドンの「テ・デウム」を聴いているだけに、すこし愉しい偶然だった。なんでも善人に仕立ててしまうのがいいことかどうかはわからないが、このスカルピアの悪巧みも、小森の歌ではどこか純粋なところがあるようだ。スカルピアに厭らしさがなく、その代わりに、トスカへの誠実な愛がみえる。でも、やっていることは、間違いなくえげつない。そういったところにこそ、『トスカ』の恐ろしさがあるというのだろうか。

この場面の結びは周知のように、「テ・デウム」の典礼文をそのまま用いて、大胆にも、本来歌われるべき神への愛と、トスカへの愛を重ねあわせ、堂々と歌いあげる衝撃的なものである。通常、ここではスカルピアの「捻じ曲がった」愛が、神への典礼文にのせられることが冒涜的に受け取られ、スカルピアの盗人猛々しい悪さを象徴する部分となる。だが、小森の表現はすこしちがう。彼はスカルピアの歌う愛も真正なものと信じており、だからこそ、神の典礼文と重ねて歌うことも、決して不自然ではないという考え方なのである。

テクニック的には、全曲のなかでもっとも練り込まれ、かつ、歌い込まれたあとが窺われ、ほぼ完璧と言っていいパフォーマンスであった。そのこともあり、スカルピアに対する新しい見方は、聴き手に対してかなりの説得力を備えたものだったといえる。

【ピアニスト、服部容子】

以上の部分で、さほど詳しく書けなかったのだが、このデュオ・リサイタルにおいて、服部の支えというのは、小森にとってなくてはならないものである。彼女の安定したテクニックはもちろんのこと、立体的に場面を想起させるイメージの喚起力は、先日の河原忠之など、よく聴くことのできる何人かの優秀なコレペティ陣のなかでも、傑出したものがある。そして、歌に対するサポートは紳士的であるだけでなく、より主体的な表現の構造をみせるあたりが真骨頂で、小森がわざわざ「デュオ・リサイタル」としていることの意味がわかる気がする。

今回、間奏曲的に使われる独奏曲は、リストの『スペイン狂詩曲』と、ドビュッシー『映像Ⅰ』からの〈水に映る影〉の2曲だった。特に、ポエジーに溢れるドビュッシーが素晴らしく、美しい和音構造をナチュラルに追っていきながら、持ち前の喚起力を生かしての、正しく「映像」的な演奏は、思わず溜め息をつきたくなるほどの完成度だった。

【まとめ】

こうしてみてくると、今回もまた、よく練られた内容で、満足感が高かった。最初に申し述べたように、前半と後半で対照的なプログラムになっているが、それなのに、あるときには照応しあい、またあるときには、重なりあいそうな部分が少しずれていたりして、なかなか奥行きのある内容であったことを書き留めておく。

既に恒例となったが、プロジェクタを用いて、歌詞を投影しながらの公演は親切だと思う。和訳にも気を遣って、自分たちの表現にあったものにしているというのは、さらに気が利いている。ありがたいことに、来年も8月5日に公演が決まっているようだ。記念年に当たるシューマン、ショパン、フランス・オペラに焦点を置くということで、またまた新しい方向に舵を取るのは興味ぶかく、いまから楽しみである。

なお、この日の会場、カザルスホールは持ち主の大学の意向により、ちかく取り壊されることになっているそうだ。僅かな抗議のために、大学名を外して「カザルス・ホール」と呼ぶことにした。短い間のことである。

【プログラム】 8月7日

1、マーラー さすらう若人の歌
2、リスト スペイン狂詩曲
3、マーラー 子どもの魔法の角笛 より
4、ジョルダーノ 歌劇『アンドレア・シェニエ』 より
5、ドビュッシー 水に映る影~『映像Ⅰ』
6、レオンカヴァッロ 歌劇『ボエーム』 より
7、プッチーニ スカルピアの「テ・デウム」~歌劇『トスカ』

 於:カザルスホール

« 8月6日、原爆投下の日に | トップページ | 宮部小牧 ソプラノ・リサイタル 真夏の夜の夢 8/8 »

声楽」カテゴリの記事

コメント

>小森がどういう意図で表現したのか、詳しく聞いてみたい感じがするほどだ。

御出演者は終演後ホワイエに出ていらっしゃいましたよ。お聞きになればよろしかったですねwink

一静庵さん、ようこそ、お越しくださいました。

今回は、すぐに出てしまったので、気づきませんでした。仮に、お話しする機会があったとしても、聞いてみたいと思うのと、実際に聞くべきかどうかは別問題なので、そのことについて、質問することはなかったと思います。

私は、音楽家がなにを考え、なにを訴えたくて、演奏したのかについて興味をもっていますが、音楽家からすれば、それを言葉で再説明することは、甚だ不本意なのではないかと思います。

コメント、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/45873785

この記事へのトラックバック一覧です: 小森輝彦・服部容子 デュオ・リサイタル @カザルスホール 8/7:

« 8月6日、原爆投下の日に | トップページ | 宮部小牧 ソプラノ・リサイタル 真夏の夜の夢 8/8 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント