2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

2009年8月23日 - 2009年8月29日

2009年8月29日 (土)

テーマ作曲家 チン・ウンスク サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 【管弦楽】 8/28

25日につづき、サントリー音楽財団のサマーフェスティバルに足を運びました。28日は、「作曲家は語る」「室内楽」「管弦楽」の3本立てで構成されるテーマ作曲家のプロデュースによるシリーズのうち、「管弦楽」の日に当たります。この公演では、作曲家が自らに影響を与えた先達の作品を選んで構成し、そこに、音楽財団からテーマ作曲家へ委嘱された作品の初演がつづくことになります。今回のテーマ作曲家は、1961年、韓国のソウルに生まれたチン・ウンスク(陳銀淑,プログラム等の表記はウンスク・チン)女史ですが、母国のパイオニアであるカン・スキや、リゲティに学んでいるそうです。

続きを読む "テーマ作曲家 チン・ウンスク サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 【管弦楽】 8/28" »

2009年8月27日 (木)

エトヴェシュ シャリーノ作品ほか サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 【音楽の現在 管弦楽】 8/25

毎夏、8月末におこなわれているサントリー音楽財団のサマーフェスティバルは、世界と日本をつなぐ現代音楽の祭典である。25日は、現代音楽の潮流を紹介する「音楽の現在」のシリーズで、2007年〜2008年に初演された作品が選ばれている。演奏は、沼尻竜典指揮による東京都響。

続きを読む "エトヴェシュ シャリーノ作品ほか サントリー音楽財団 サマーフェスティバル 【音楽の現在 管弦楽】 8/25" »

2009年8月26日 (水)

小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ③

【19:00 幾何学模様】

最後となる19時の回は、『12の練習曲』全曲の演奏で締め括る。この曲は、サントリーホールで開かれた小川典子の10周年記念演奏会でもメインに組まれており、彼女の得意とする曲目だ。ところが、一般的にはあまり知られておらず、録音も多くない。小川のほかでは、私の知る限り、内田光子、ポリーニ、エマールあたりが全曲を録音しているぐらいで、あとは、ドビュッシーのピアノ全集に辛うじて入っているぐらいのものだろう。

そうはいっても、このエチュードは癌に冒されたドビュッシーが完成させた最後の、ほんの一握りの作品のひとつであり、ドビュッシーの備えた美的センスが、一切の虚飾なく、見事に凝縮された名品であることは言うまでもない。私は先に示した小川の20周年記念のコンサートで、この曲について知ったが、そのときには、初めてドビュッシーのピアノ作品の全体像をみた想いがするほど、衝撃的な体験だった(トラックバックにそのときの記事を貼りつける)。

今回、ドビュッシーの全時期の作品が曲がりなりにも、包括的に取り上げられた延長線上において、このエチュードを聴くとまた格別の味わいがあった。特に後半部分では、既に小川が弾いてきた曲のアンソロジーのような要素が散らばっており、この曲集がドビュッシーにとって、きわめて重要な作品であることを如実に物語っている。

続きを読む "小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ③" »

小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ②

【16:00 音色の開花・・・東洋への憧れ】

16時から始まった2回目のセクションでは、正にドビュッシーの円熟期の作品が演奏された。ドビュッシーのイメージを中心的に形成する初期から中期までの作品と比べると、このあたりの作品の演奏機会はぐっと少なくなる。その点、『版画』『映像Ⅰ』『映像Ⅱ』という3つの曲集からの演奏は、小川典子にとって真骨頂というところになるのかもしれない。

まず、『版画』の〈パゴダ〉については、じっとりと湿り気がへばりつくようなイメージは、寒い国に住む若い人たち(小川は英国・ギルドホール音楽院の教授)には理解しにくいようだと言っていたが、その点、我々には分がある。ただ、この作品に描かれているのは、もっと蒸し暑い東南アジアの寺院の姿なのだろう。小川の演奏はそうした叙景的な部分を響きのだらだらした揺らぎで表現するとともに、その内側に脈づく人間の叙情性をひっそりと忍び込ませていることも見逃せない。

続きを読む "小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ②" »

2009年8月25日 (火)

小川典子 夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日 8/24 ①

東京文化会館の主催による「夏の音楽浴Ⅱ ドビュッシーの日」を聴いてきました。このコンサートは、1人のピアニスト(小川典子)が、1回1時間弱のミニ・リサイタルを13時/16時/19時からの3回、ぞれぞれ内容をかえて行なうものであり、テーマはドビュッシー。初期、中期の代表作と、晩年の大作「12の練習曲」が取り上げられ、全部の演奏会を聴くと、1日にして、ドビュッシーの音楽的遍歴のエッセンスを理解できるという試みであった。

各演奏会は、演奏者自身の司会で進められ、これから弾く楽曲の背景が話されるなど、ちょっとしたレクチャー・コンサートのような様相も呈していた。

なお、1回ごとの料金は2000円、3回通し券で5000円というリーズナブルなコンサート。1回のコンサートが終わると、90分ほどの空きがあり、特異日なので周りの美術館などはお休みだが、すこし遅い食事を摂ったり、〈沈める寺〉や〈荒れた寺にかかる月〉を聴いたこともあって、なんとなく浅草寺詣で(ただし、本堂が改修中だった)をしたりして楽しんだのであった。

【13:00 音楽の軌跡・・・象徴派として】

最初のコンサートは、ベルがマスク組曲、前奏曲集Ⅰ・Ⅱ、子どもの領分などからの演奏で、どれも初期作品から円熟に向かっていくときの作品である。また、一般的に演奏されることが多いのも、このグループのなかの作品が多いということになる。あまり深くは立ち入らなかったが、小川典子は、ドビュッシーをよく言われる「印象派」ではなく、「象徴派」として捉えているようだ。そして、前奏曲集ⅠとⅡの間に飛躍があり、後者からは1つ1つの音の響きをじっくり味わわせるような作風になっていると指摘する。

なるほど、そう言われてみると、前奏曲集Ⅰまでの作品は、素朴な飾らない美がのんびりと染み出しているのに対して、前奏曲集Ⅱ、子どもの領分、喜びの島などといった作品では、より自由で、飛躍的なイマジネーションが浮かび上がっているようにも思われる。

前者の代表としては、有名な〈月の光〉が挙げられるだろう。小川の演奏は、ただ美しいというよりは、優しく、艶やかで、かつ、ほんのりと物悲しい。ちょうど紀貫之のような感じである。前半部分の清澄な美しさは、作曲者であるドビュッシーと、演奏者である小川のこころの美しさを二重写しにする。しかし、古い旋法を導入した中間部分を丁寧に弾いたあと、同じテーマが戻る部分では、むしろ物悲しさが先行している。こうした詩的な実現のなかにあって、ナチュラルに忍び込んでいる構造への意識にも注目したい。つまり、このはんなりした佳曲のなかでも、ドビュッシーは従来の常識的な語法に優しく語りかけて、和声と響きへの新しい試みをなることも忘れていない。

しかし、そのやり方がまた大人しいもので、音楽的にはエリートであるが、家門的には卑俗、知的にもエリートとはいえないドビュッシーの奥ゆかしい問いかけになっている。私はそうしたドビュッシー像にかなりの共感を覚えるとともに、小川の優しい打鍵にも涙腺を緩められた。

一方、前奏曲集Ⅱ以降の新しい世界では、『喜びの島』が印象的だ。愛の神、ヴィーナスが待つ『シテール島への巡礼』という絵画にインスピレーションを受けた作品は、「たのしみの島」とでも言ったほうが相応しく、ウキウキするような感じであると小川は述べていた。そして、その言葉に添った打鍵の跳躍感、紛れなく明瞭な和声の明るい輪郭は、この曲の演奏にとって理想的なものだったといえる。

このように、この日の小川の演奏は全体を通して、レクチャーで話した特徴をいくぶん強調したような演奏で、わかりやすかった。しかし、「強調」といっても、受け手の感性を甘くみて、楽曲のフォルムを恣意的に浮き上がらせるようなものではなく、聴き手を十分に信頼した、つまり、隠し味がほんのり効いたような演奏であったことを断っておかねばならない。

(②につづく)

« 2009年8月16日 - 2009年8月22日 | トップページ | 2009年8月30日 - 2009年9月5日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント