2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

2009年9月13日 - 2009年9月19日

2009年9月19日 (土)

ローレンス・カミングズ チェンバロ・リサイタル with 林美枝 @東京オペラシティ 近江奏堂 9/17

今月23日におこなわれる日本ヘンデル協会のオペラ公演『オットーネ』の指揮のために来日しているローレンス・カミングズが、一夜限りのチェンバロ・リサイタルを開いた。カミングズは、本場英国のヘンデル・フェスティヴァルのディレクターを務める人物で、鍵盤奏者、通奏低音奏者、指揮者、さらにアカデミズムの面からいっても、この分野の最高権威の一人と目されているようだ。今回、英国のヘンデル・フェスティヴァルでも助手を務める林美枝を伴い、デュオ作品を含むチェンバロのしらべを楽しませた。

【カミングズの温かいおもてなし】

上のプロフィールをみると、なんとなくおっかないようなイメージを抱きそうなものだが、カミングズ氏はとても笑顔が柔らかく、こころ優しそうな紳士とお見受けした。これは見かけだけから言っているのではなく、彼の弾くチェンバロの音そのものから人柄が伝わってきたから、特にそう述べたいと思うのである。まずは、その描写から。

続きを読む "ローレンス・カミングズ チェンバロ・リサイタル with 林美枝 @東京オペラシティ 近江奏堂 9/17" »

2009年9月16日 (水)

ミュンヘン国際音楽コンクール 2部門で日本人が上位入選 白井圭 & 山宮るり子

ミュンヘンのARD音楽コンペティション(ミュンヘン国際音楽コンクール)が、13日までに全部門の審査を完了した。今季は、コントラバス、声楽、ハープ、ヴァイオリンの4部門でコンペティションがおこなわれ、うち2部門で日本人が上位入賞した。

まず10日には、珍しいハープ部門で、山宮るり子が2位に入賞した。音楽専門ではない新潟のミッション系進学校を卒業後、早くも渡欧を決断し、現在はハンブルク演劇音楽大学に在学。日本でも人気のある、ウィーン・フィルの首席ハーピスト、グサヴィエ・ドゥ・メストレに師事している。海外では1人暮らしをされているようで、そのインディペンデントな人間性がまず目を惹く。本選ではグリエールの協奏曲を弾き、高い評価を得たという。なお優勝は、フランスのエマニュエル・セソン。ジュリーは、ハノーファー音大指揮科の教授であるルッツ・ケーラー氏をチェアマンに、山宮の師・メストレや、日本の吉野直子を含む面々となっている。

続きを読む "ミュンヘン国際音楽コンクール 2部門で日本人が上位入選 白井圭 & 山宮るり子" »

« 2009年9月6日 - 2009年9月12日 | トップページ | 2009年9月20日 - 2009年9月26日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント