2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

2009年12月27日 - 2010年1月2日

2009年12月30日 (水)

事業仕分け、文科省が予算案への反映状況を公表

文部科学省が、事業仕分け、そして、それに対するパヴリック・コメントを踏まえて、来年度予算案への反映状況を公開しました。

 文科省HP 「予算」トピックスで公開されている文書:
  http://www.mext.go.jp/component/b_menu/
  other/__icsFiles/afieldfile/2009/12/28/1288506_3_1.pdf 

【芸術分野の予算案は・・・?】

芸術分野については、次のようになっています。まず、「予算の圧倒的縮減」を突きつけられた【芸術創造・地域文化振興事業等(子どものための優れた舞台芸術体験事業/芸術創造・地域文化振興事業)】に対しては、概算要求のほぼ9割に当たる約104億円が認められました。14万件のパヴコメのうち8割方を占める11万件が、この問題に対する削減反対のために寄せられた意見であったそうで、この数字は各分野のなかでも突出しています。予算は認められましたが、「優れた芸術活動への重点的支援については3年で」半減させるとともに、「芸術拠点形成事業を2年で廃止する」などの効率化を約束した内容となっています。

この決定により、日本芸術文化振興会もいきなり消滅してしまうようなことはなくなった、といえるのではないでしょうか。

続きを読む "事業仕分け、文科省が予算案への反映状況を公表" »

大晦日にベートーベンの室内楽を聴こう!

三枝成彰のオフィスが、岩城宏之氏ほかの3人の指揮者を立てて、ベートーベンの全交響曲を大晦日に取り上げて成功させたのは、2003年のことだった。ジルヴェスター・コンサートの存在などは知っていたが、大晦日にクラシックを楽しむというのは、それまで思いつかないことだった。このイベントは、当時、既に体調を崩していた岩城氏ひとりによる挑戦へと衣替えして、私は毎年、通いつづけていた。

2006年に岩城氏が亡くなられると、9人の指揮者が1曲ずつ受けもつリレー形式の追悼演奏会のあと、小林研一郎氏ひとりによるプロジェクトに衣替えし、企画は再定着したようにみえる。今年は、小林体制による3回目となる。私はその1回目まで通ったが、昨年は趣向を変えた。

続きを読む "大晦日にベートーベンの室内楽を聴こう!" »

« 2009年12月20日 - 2009年12月26日 | トップページ | 2010年1月3日 - 2010年1月9日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント