2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ホグウッド 陽気の人、ふさぎの人、聖セシリアの祝日のためのオード HFJ公演 2/13 | トップページ | マルクス・ボッシュ メンデルスゾーン 交響曲第1番&第5番 アーヘン響 »

2010年2月16日 (火)

「国母問題」はどうしてこんなに大きくなるのか?

バンクーバー五輪が、12日から開幕した。日本勢のメダルは未だゼロだが、4位となったモーグルの上村愛子など、入賞が続いており、荒川静香の金メダル1個に止まったトリノ大会よりは期待ができる状態にある。

さて、そのメダル候補のなかにいるスノーボードの、国母和宏選手がメディアの犠牲になっている。彼が何をしたのかというと、現地の空港到着時に服装が乱れていたということにすぎない。日本選手団の着るジャケットを着用しながら、ズボンは腰履きにし、ネクタイを緩め、サングラスに、鼻ピアス、ドレッド・ヘアー、ワイルドな髭というのが、その容貌であった。この姿をみた人たちから連盟に抗議電話が殺到し、選手村入村式への参加見合わせ、謝罪会見、開会式参加辞退、出場辞退勧告の検討、橋本選手団長との面談、再度の釈明会見などと事態が発展した。

私は、国母選手の行為がまったく悪いとは思わない。1回目の会見で「反省してまーす」と露骨な反発姿勢で火に油を注いだ国母だが、そもそも彼は反省する必要がないと思っている。自分ならもうすこし大人しい態度をとったろうが、そんな些細なことで目くじらを立てられ、まるで犯罪者のように扱われた国母の気持ちはわからないではない。空港到着は公式行事ではなく、彼がどのようなファッションで歩こうと自由だ。たとえ、それに反発する人があるとしても、そんな実のない批判から選手を守るのがチーム・スタッフの役割だろう。

会見に臨んだ国母の態度は、確かに世論の反発を招くものだった。彼は、その会見自体に納得していないように見える。私は、国母の気持ちがわかるような気がするのだ。そもそも彼は自分のどこが悪いのかを理解せず、あの場に座らせられたのだろう。そういう状態に彼を置いたのが、チームの最大の過ちだった。彼を子ども扱いしたメディアの質問も、選手に対する敬意を欠くものだったろう。もしかしたら、ああした国母の反応を期待していたフシもあるのではないだろうか。それはともかく、本来、謝る理由などない国母を謝らせることで「鎮火」を図ったスタッフの意図が、かえって仇となったとみる。

本来、批判は批判として受け止め、選手に代わって責任者が事情説明をすべきだった。選手は、出るべきではなかったというのが私の意見である。なぜなら、批判はあまり根の深いものではなく、きわめて情緒的なものだからだ。それに対して、選手本人を曝すのは危険である。実際、国母本人の反発を抑えられなかったこともあり、危険は爆発したのだ。

【フロンターレ川崎事件】

しかし、腹立たしいのは、メディアの対応である。ここのところ、スポーツ選手に対する過剰なバッシングというのが、メディアのメシの種のひとつになっていることは周知のとおりだ。引退に追い込まれた朝青龍騒動や、亀田事件、フロンターレ川崎(サッカー)の表彰式問題、タイガー・ウッズの不倫問題、北京五輪における星野監督バッシングなどである。犯罪の可能性がある朝青龍は別としても、執拗、かつ過剰な批判により、選手や指導者の人格が実態以上に毀損され、やり込められてしまうというのが問題である。

例えば、サッカーのヤマザキ・ナビスコ・カップで準優勝した川崎のメンバーが、表彰式において悔しさのあまり、首にかけられた準優勝メダルを即座にはずし、大会やスポンサーに対する敬意を損なったとされた事件についてみよう。私は、この問題のどこが問題なのか、まるでわからないのである。すべてのチームは、優勝をめざして闘うのが当然であり、負けて得る準優勝メダルは必ずしも嬉しくないのは、誰にだって理解できるはずだ。確かに、感情をむき出しにしたという問題はあるが、私はその行為に、ある種のプロ精神を感じる。彼らはメダルを外すことによって、相手への敬意を失ったわけでも、大会そのものへ疑問を投げかけようとしたわけでもない。

北京五輪でメダルを剥奪されたアマレスの選手のように、審判の判定に納得せず、自らの得たポジションに唾を吐きかけたわけではないことに注意しよう。フロンターレの選手たちは、自分たちに厳しかっただけなのだ。理想的な行動ではないとしても、選手たちは飽くなきまでに勝利にこだわる姿勢が強すぎたために、自らの首に下げられたメダルに我慢がならなかったのだ。それは決勝まで勝ち上がった健闘の証ではなく、最後の敗北の証明でしかなかった。そして、その勝利にのみ、彼らは価値を見出していた。当然だろう。勝利すれば、より上のカテゴリー(アジア・チャンピオンズ・リーグ)で闘う権利を手にできたからである。

しかし、彼らの行為は、スポーツマン・シップに反する行為として激しく攻撃された。メダル以外に、ガムを噛みながら表彰を受ける、座り込む、握手を拒否するなどの行為があったともされている。しかも、表彰式のメイン・プレゼンターは、高円宮妃殿下である。すこぶる非礼にちがいないが、すべて同じ心理的要因からきているとすれば、私はこれらの行為もすべて、過剰に批判されるべき問題とは思わない。厳重注意ぐらいはあるにしても、実際に起こったように、社長の減俸処置、賞金返上の申し出(実際には返上の必要なしとされたが、寄付に回された)などという問題が生ずるのは、明らかな過剰反応だった。

それだけではなく、選手らの人格に対する過度な批判、社会的制裁のほうが厳しかった。こうした側面を煽り立てのは、メディアである。悔しさをむき出しにしたというだけで、選手たちの人格が欠如しているような言われ方をされ、大きなダメージを受けたことと思う。

【スケープゴートを求める社会】

バッシングの対象となるからには、それなりに褒められない行為があったのは事実だ。ただし、彼らが受けることになる制裁と比べれば、はるかに実質の小さいものである。「国母問題」が好例だろう。彼の行為は、ただ服装を崩していただけだ。彼の格好をみると、中学時代、同じような格好の「不良」(なかには友人も)がいたことを思い出し、意外と「古風」な趣味にダサさを感じた。だが、それだけのことだ。私もバンクーバーへ飛んだことがあり、フライトは8時間以上もかかって、ワーグナーの劇が2つは聴けた。家を出たときから数えると、10時間ちかい時間を過ごすことになる。時差は17時間。着いたときには、ひたすら眠たかった。そんなときに、服装が乱れているとがなりたてたらどうだろうか。

最初の会見の国母は、寝起きに母親から注意されたときのような反応だった。なるほど、褒められたものではない。しかし、彼にとったら、当たり前の格好だ。彼はプロとして、そうしたファッションも含めて人気を得てきた。将棋の名人ではない。東京ドームでおこなわれるイベントでは、けたたましいロック・ミュージックがかかり、選手も観客も狂ったように熱狂している。ハーフパイプは、そんな競技である。とはいえ、橋本団長に発破をかけられ、ようやくハーフパイプ会場に第一歩を示した国母は、別に非道徳的で、人格の壊れたならず者ではなく、いたって気持ちのいい青年のように見えたのではないだろうか。それが彼の実像であると、私は信じる。

亀田弘毅も、朝青龍も、多分、国母和宏も、メディアが取り上げるイメージとはまったくちがい、優しくて、礼儀正しい。ノーマルな価値観からして、理想的ではない部分もあるが、人間は普通、理想的な部分だけで成り立ってはいない。相撲や、日本代表という権威を背負う存在だからといって、理想的でない部分だけが焦点化されるのは、割に合わないことだろう。どのような理想像が求められるかの議論は勝手だが、すべての人間が、その理想像に嵌らないことを過度に批判すべきではないのだ。

褒められない行為は批判されるべきだが、度を越すべきではない。度を越した場合には、誰かが守ってやらなくてはいけない。だが、多くの場合、選手たちを守る立場にある人が役割を果たさずに、むしろ、批判に便乗して立場を強めようとする。こうなると、批判される側に逃げ道はない。国母問題においては、橋本聖子団長が立派な対応をとったと思うが、彼女も選手時代、メディアの犠牲となった人物のひとりであるから、国母を潰すのに忍びなかったにちがいない。

国母選手は、本当に不運だったと思う。身から出た錆とはいえ、これまでにバッシングされてきた人たちは、誰をとっても気の毒というほかはない。メディアは、スケープゴートを求めている。それは政治、経済にしろ、スポーツにしろ、芸術にしろ、同じことなのだ。そのバッシングをみて、半ば呆れながら楽しんでいる人間もいる。楽しまないにしても、自分たちの立場がすこし浮揚したような気持ちになる人は少なくない。人の不幸は蜜の味というが、同じ不幸でも、優れた選手ほどつよい効果がある。朝青龍をいたぶって、引退まで追い込むまでは楽しかったが、その後、立場から解放されたドルジ氏がハワイで楽しんでいるとなると、どうにもムシャクシャしてならないようだ。現在、朝青龍が起訴されることを、メディアは・・・そして、その背後にいる我々は、必死で願っているのだろうか。

なぜ、こんな社会になってしまったのだろうか。私は次に誰がスケープゴートになるのかと思うと、心配でならない。残念ながら、彼らを守る術はない。

【国母選手は、断固応援する!】

国母選手は、有力選手だ。今季のハーフパイプ第1戦で3位となり、第2戦では優勝を飾っている。若くして10年のキャリアをもつプロボーダー(チームミナミ所属)でもあり、人気がある。半ば売り言葉に買い言葉のような感じで、五輪がすべてではないとぶっちゃけてしまったが、それは本心ではない。仮に本心だとしても、それはオリンピックであるか、そうでないかにかかわらず、いつもベストを尽くしていることを言っているのだろう。もちろん、スノーボードについては、自分になくてはならないものとしており、地元・真駒内を愛し、スノーボードを愛し、それゆえに、プロとして他人とちがうことをしたいと願う若者なのだ。

ハーフパイプはイチかバチかという面もあり、ミズモノ的な競技なので、国母がメダル獲得をする可能性は必ずしも高くないと思うが、実力的には上位にあることは確かなはずだ。

そもそも批判の声は、スノーボードにはじめから興味のない人たちによるものだと思う。国母のことは応援しないなんて声もあるが、はじめから応援するつもりがあったのかどうかも疑問だし、偏見だけで判断する人に応援してもらう必要もないと思う。

スケボーとか、スノボーのイベントを見たことがあるだろうか。それは、本当に魅力的である。アクロバティックで見応えがあるというだけでなく、互いに争いながらも、選手どうしが同じ劇団にいるような一体感があり、勝負のなかに紛れ込んでいくサービス精神が豊富だからだ。そこでは、今度のような足の引っ張りあいはない。選手たちは仲間の成功には喜び合い、失敗には溜め息しあう。より高い成功は、相手の素晴らしいパフォーマンスを呼び込む。良質なパフォーマンスが出ると、それが選手の間に連鎖して、観客を巻き込んだ大きな熱狂を導くことになる。私はそうした競技の本質に立ち返ってくれれば、バッシングなんて起き得ないと思っているのだが・・・。

« ホグウッド 陽気の人、ふさぎの人、聖セシリアの祝日のためのオード HFJ公演 2/13 | トップページ | マルクス・ボッシュ メンデルスゾーン 交響曲第1番&第5番 アーヘン響 »

その他記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/47576027

この記事へのトラックバック一覧です: 「国母問題」はどうしてこんなに大きくなるのか?:

« ホグウッド 陽気の人、ふさぎの人、聖セシリアの祝日のためのオード HFJ公演 2/13 | トップページ | マルクス・ボッシュ メンデルスゾーン 交響曲第1番&第5番 アーヘン響 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント