2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ショーソン 交響曲 変ロ長調 (1890年) 〜ミトロプーロスの指揮による | トップページ | 瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノ・デュオ ブラームス 2つのピアノのためのソナタ op.34b  10/22 »

2010年10月21日 (木)

ショパン・コンクール もうすぐ優勝者が決定します!

このページではほとんど伝えてきていませんが(興味が薄いもので・・・)、ショパン・コンクールのファイナルも大詰めまできています。10人がファイナルに進み、近年のコンペティションで大活躍のアジア勢はゼロ。日本勢はブレハッチのところですこし書きましたが、2次予選までで全滅という有様でした。日本にゆかりのあるところでは、浜コン4位のフランソワ・デュモンが堂々、ファイナルに進みました。それ以外では、ロシア勢が幅を効かせています。地元・ポーランドの期待の星は、パヴェウ・ヴァカレツィとなっています。

さて、私はあまり興味もないため、ファイナル進出者の第3次予選、リサイタル・ラウンドのみをヴィデオ・アーカイヴでチェックしてみました。しかし、全部を聴き通したわけではなく、これは見込みがないという人はその曲を聴きおえた時点で止めるというざっくりした形です。

全体的には前回よりもレヴェルがあがっているようですが、それは前回がレヴェルが低すぎたせいで、本当に感心できるコンテスタントはいません。アヴェレージではレヴェルが上がったものの、やはり、ブレハッチ級の素材はいないようですね。正直、最後まで聴き通したのは、先のデュモンとクルティシェフだけでした。前者については浜コンゆかりのコンテスタントということで贔屓目もなくはないと思いますが、ほとんどのコンテスタントが、最終的にショパンの楽曲をねじ伏せにかかってしまうのに対して、最後までショパンの作品に対する敬意を保ちつづけたのは、デュモンだけではなかったでしょうか。

浜コンのときの記憶からすると、彼にとってコンチェルト・ラウンドには若干の不安があります。オーケストラとの協奏関係が甘く、いかにも練れていない感じが丸出しだったからです。ピアノ単体の響きは美しいのですが、オーケストラのとの合わせ込みで隙が多かった。その点を克服できれば、優勝はちかいでしょう。前回のブレハッチと同じく演奏順最後というのも、第1シードという感じですよね。

デュモンを追うのは、クルティシェフ、ボジャノフ、ヴンダーです。クルティシェフはとても魅力的な音楽づくりの才能があり、和声の響きも緻密で美しいと思います。私のなかでは、第2シードでしょうか。全員が弾く「幻想」ポロネーズも、最後まで抑えが効いてよかったのですが、あとに書くデュモン以上に演奏が淡々としていて、特にマズルカでは、フォルムにも相当に硬さがみられる点が問題です。

ボジャノフは、「基本性能」で一歩抜けている印象はありますが、しばしば音楽の流れが硬く、強引な印象を受けるのがネガティヴです。ヴンダーはウケのいい奏者のようですが、ボジャノフとは反対に、基本的なスキルに見劣りします。音楽には気品があり、調和のとれた表現がみられますが、時折、拍の保持が軽くなり、そういった部分から全体の構造が緩んできます。

デュモンはまず、浜コンのときにも感じられたように、音色の美しさがこのメンバーでも特筆できます。ソナタに入って、若干、構造把握が恣意的になり、とりわけ緩徐楽章のスロー・テンポには疑問もありますが、全体的に冷静沈着、緻密な演奏が耳を惹きます、先に書いたように、自分を過大にみせようとする部分が少なく、淡々とショパンの作品に対する敬意を積み上げていく姿勢が素晴らしいと思いました。コンペティションなので、どうしても自分をつよく、個性的にみせたいと思う若者たちのなかで、デュモンの「待ち」の姿勢は目立っています。

浜コンのときは、もっと老けた容貌に見えましたが、若干、髪も伸びて、セクシーになりましたね。別に競馬予想ではないので、この予想が当たるか外れるかはまったく意味のないことですが、今年のビッグ・イベントについて、思うところを少しばかり書いてみた次第です。いずれにしても、かつて誇っていたショパン・コンクールの特別さというものは、今はもう、すっかりなくなったのだと思わざるを得ません。

« ショーソン 交響曲 変ロ長調 (1890年) 〜ミトロプーロスの指揮による | トップページ | 瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノ・デュオ ブラームス 2つのピアノのためのソナタ op.34b  10/22 »

クラシック・トピックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/49801062

この記事へのトラックバック一覧です: ショパン・コンクール もうすぐ優勝者が決定します!:

« ショーソン 交響曲 変ロ長調 (1890年) 〜ミトロプーロスの指揮による | トップページ | 瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノ・デュオ ブラームス 2つのピアノのためのソナタ op.34b  10/22 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント