2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »

2010年7月4日 - 2010年7月10日

2010年7月10日 (土)

若いピアニストへの手紙 音楽之友社

多分、5年ぐらい前に買った本ですが、いまでも読み返すことがあり、その度に新しい感動を得られる書籍です。この本はフランスの著名なピアノ教師で、ジャック・ルヴィエやミッシェル・ベロフを教えたこともあるジャン・ファシナによるピアノ教本・・・というよりは、ちょっとしたアドヴァイスのようなものです。私はピアノを弾くわけではありませんが、この書籍は音楽を聴くうえでも大事なヒントを与えてくれますし、この種の技術教本をほかに所有していないため、相当に影響を受けているのは確かです。

しかし、私がそうした知識を鵜呑みにしない種類の人間であることは、是非ともアタマに入れて置いていただきたいと思います。例えば私は、この本に賛まで寄せているジャック・ルヴィエの演奏フォームが、この本に書かれている理想的なフォームとは異なるようだということを知っています。私のみられる映像はルヴィエが相当に年配になってからの映像であるせいかもわかりませんが、彼は随分とふかく腰掛け、椅子もさほど低いというわけではないようです。いろいろな映像や写真を使ってフォーム・チェックをしてみると、この本に書かれたフォームどおりに弾いているのは、アダム・ハラシェヴィッチやクリスティアン・ツィメルマンといった一部のピアニストに限られ、ほかではルドルフ・ケンプ、やや鍵盤に遠く前傾が入るものの、マウリツィオ・ポリーニといったところ。椅子の低さでいえば、ウィルヘルム・バックハウスなどがちかいと言えそうです。

続きを読む "若いピアニストへの手紙 音楽之友社" »

2010年7月 7日 (水)

ラドスラフ・クヴァピル ドヴォルザーク ピアノ作品集 (Musical Concepts)

この記事は、わが親愛なる日本ヤナーチェク友の会HP管理人、Pilsner氏のページの記事を参考に、書いたものである。ここに再紹介するラドスラフ・クヴァピル氏はプラハではなく、ブルーノに生まれたチェコのピアノ音楽の第一人者で、現在も存命であるらしい。私が聴いたのは、NMLに収められているドヴォルザークの作品集で、VOXの音源を使い、廉価販売をおこなうというMusical Conceptsというレーベルによるものである。VOXといえば、先日、イヴァン・モラヴェッツの録音を取り上げたばかりだ。

さて、ドヴォルザークのピアノ作品は、オペラや声楽作品のように言語的な壁がないにもかかわらず、交響曲やチェロ協奏曲、室内楽作品のように親しまれていないのが現状である。そこに優れた作品がないわけではなく、例えば、ヴァイオリン小品や管弦楽版への編曲作品として第7番のみが有名な『ユモレスク』や、しばしばオーケストラ編曲されたものが演奏される『伝説』や『スラヴ舞曲集』の元ネタがピアノ作品であることからも、その重要性は明らかである。PTNAのピアノ曲辞典によれば、ドヴォルザークの作品は、大抵がジムロック社の発注によって書かれたもので、これを仲介したのはブラームスであるという。自らもチャーミングなピアノ作品をたくさん書いているブラームスが認めていた、ドヴォルザークの作品の魅力とはどんなところにあるのだろうか。

続きを読む "ラドスラフ・クヴァピル ドヴォルザーク ピアノ作品集 (Musical Concepts)" »

2010年7月 4日 (日)

アンネローゼ・シュミット ショパン ピアノ協奏曲 with マズア (Berlin Classics)

ショパンのピアノ協奏曲で面白いものがないかと探していて見つけたのが、このディスクだった。アンネローゼ・シュミットとクルト・マズアの組み合わせでは、なんといってもベートーベンの全集が有名であるそうだが、この2人にしてミスマッチのショパン・・・これがどうして面白いのである。ちなみに、シュミットの名前は現在、それほど有名とも思えないが、かつては美貌のピアニストとして来日を重ね、一定の人気があったという。1990年にはベルリンのハンス・アイスラー音大の学長として選任されたというステイタスをもつ。

協奏曲第2番(実質的には第1番)の冒頭の音楽づくりを聴いて、それなりに鋭い感覚をお持ちの方ならば、はっと気づかれることだろう。そう、バッハなのである。ショパンにとって最大のヒーローであったバッハのフォルムが、明確に刻印されている。それに呼応して、シュミットによる独奏の出だしも、やはりバッハ的なものに思われる。このことからわかるように、正に、この2人にしかできないドイツ的なショパン演奏の粋がこのディスクには詰まっているのである。確かに、テンポ・ルバートの揺らぎの美しさとか、ポーランド的舞踊の柔らかなフォルムはほとんど楽しめない。

続きを読む "アンネローゼ・シュミット ショパン ピアノ協奏曲 with マズア (Berlin Classics)" »

« 2010年6月27日 - 2010年7月3日 | トップページ | 2010年7月11日 - 2010年7月17日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント