2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

2010年7月25日 - 2010年7月31日

2010年7月30日 (金)

大阪センチュリー響 厳しい民営化への道

【大阪センチュリー響はいま】

大阪センチュリー交響楽団の補助金カットは橋下改革の緊縮財政に関連して、2008年に大きな話題となり、波紋を広げた。結果的に補助金は大幅に削減されたものの、一応、存続が可能な範囲で持ち堪えた。その後、楽団はワンコインサポートを募り、ファンクラブを開設するなどして、市民からの支援体制の充実を図り、以前よりもスポンサー探しに熱心に動くようになった。しかし、現在も経営が安定するには程遠い状態で、再来年からは補助金がゼロとなることが確定していることから、目下、民営化に向けたスポンサー探しがおこなわれている。

危機の顕在化のあと、大阪センチュリー響の運営団体、大阪府文化振興財団の理事長には、かつての大阪弁護士会の会長である水野武夫氏がノー・ギャラで就任し、積極的な動きを見せてきた。かつては冷え込んでいた大阪府知事との連絡体制を整え、さすがに弁護士らしく、現実的な対応を図っている。

続きを読む "大阪センチュリー響 厳しい民営化への道" »

2010年7月28日 (水)

ウルフ・ヘルシャー & アルヌルフ・フォン・アルニム 世界の教授たちによるスペシャル・コンサート @武蔵野音楽大学 7/26

武蔵野音楽大学は「インターナショナル・サマースクール・イン・トウキョウ」と題して、世界的に著名な演奏家や、教育者を招いて学生の指導をしてもらうとともに、いくつかのコンサートを開いて公開する試みをつづけている。今回のマスターの演奏は、ピアニストのイリヤ・イーティンが22日、ヴァイオリンのウルフ・ヘルシャーとピアノのアルヌルフ・フォン・アルニムによるデュオが26日におこなわれたが、私は後者を聴いてきた。会場は江古田キャンパスのベートーヴェンホールだが、ここは自宅から数十分という近場である。

続きを読む "ウルフ・ヘルシャー & アルヌルフ・フォン・アルニム 世界の教授たちによるスペシャル・コンサート @武蔵野音楽大学 7/26" »

« 2010年7月18日 - 2010年7月24日 | トップページ | 2010年8月1日 - 2010年8月7日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント