2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月5日 - 2010年9月11日 »

2010年8月29日 - 2010年9月4日

2010年9月 4日 (土)

センスの悪さが爆発 ティーレマンにブーイング? @NHKTV 芸術劇場

世評がいくら高くても、この人だけは好きになれないクリスティアン・ティーレマン氏。この人はとっても才能ゆたかで、響きをコントロールすることにかけては天下一品。古典派作品から、ワーグナーの雄大な楽劇まで、どんなに規模が大きくなっても問題ありません。とにかく、自分の音楽というものをイメージし、それを形にすることの巧さといったら、もう並ぶ者がないほどなのですし、そのことだけは認めなくてはいけませんね。しかし、それだけに「自分の」、つまり、ティーレマンの音楽のセンスの悪さが、余計に際立つという結果になっています。

続きを読む "センスの悪さが爆発 ティーレマンにブーイング? @NHKTV 芸術劇場" »

2010年8月31日 (火)

ジョナサン・ハーヴェイ サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2010 テーマ作曲家:管弦楽 8/30

ジョナサン・ハーヴェイ、やってくれました。素晴らしいコンサートです。サントリー財団のサマーフェスティバルの最終日は、テーマ作曲家が影響を受けた先達の仕事、テーマ作曲家が推薦する若手の管弦楽作品、そして、委嘱新作を含むテーマ作曲家の管弦楽作品によるコンサートです。4年前にダルバヴィでこけて以降、リセ、ジェルヴァゾーニ、陳銀淑と良い流れをつくってきたわけですが、2010年のハーヴェイの作品は、そのなかでも傑出したものとして記憶されるでしょう。

【キリスト教になく、仏教にはあるもの】

私は決してクリスチャンではないものの、キリスト教には敬意を払っています。ハーヴェイの尊敬する生粋のクリスチャン、ワーグナーは、ショーペンハウアーを通じて仏教への関心を払っていたそうですが、キリスト教に対して、仏教を含むアジアの宗教はどのような優位性があるのでしょうか。私はそのことを精確に論じられるほど、宗教論に通じているとは思いませんが、ひとつ思い当たることは、キリスト教がアタマで考え得る究極の知的精神体系であるのに対して、東洋の宗教は禅宗における「座禅」や、ヨーガに代表されるように、肉体的なものに立脚しているということです。

このことは単にメンタルな問題ではなく、人々の暮らしに、意外にダイレクトに関わってきます。例えば医薬品について、私は考えてみました。西洋医学では原因を調べることを重くみて、原因に対して効果のある化学物質を医薬品として位置づけます。ところが、東洋医学では必ずしも原因に対する作用が明確でないにもかかわらず、こういうときには、こういうものを煎じて呑むとよいというような経験的なものが重視されます。このため、しばしば漢方薬は医薬品から除外されるとの議論に曝されることとなり、例の事業仕分けでも、漢方薬が保険適用外に置かれるのではないかという議論が巻き起こったのは記憶に新しいところです。しかし、漢方薬の効き目というのは、多くの人たちが実感するところであり、現在では、医師たちも十分に認めるところとなっています。

続きを読む "ジョナサン・ハーヴェイ サントリー芸術財団 サマーフェスティバル2010 テーマ作曲家:管弦楽 8/30" »

2010年8月29日 (日)

芥川作曲賞 20周年記念ガラ 室内楽Ⅱ 8/28 19:00〜

ちょっと垂れすぎじゃないのかというのが、正直な感想だった。芥川作曲賞の20周年を記念した過去の受賞者の独奏作品によるガラ・コンサートである。私は、19:00からの2回目の公演を拝聴した。

なお、予想どおり、覚醒剤所持容疑により逮捕された夏田作品は演奏されないことになった。差し替えプログラムはなく、夏田作品がプログラムから消えるだけなので、この演奏会でのウェイトはさほどでもないが、管弦楽編では4曲中の1曲だけに、いささか影響が大きいかもしれない。なお、芥川作曲賞の審査委員には、代わって猿谷紀郎が選任されている。この姿勢には、若干の疑問を呈しておく。なぜなら、既報の不祥事があったにせよ、その作品を残すべきかどうかはこの場合、企業のコンプライアンスと関係するわけではなく、結局のところ、聴衆が作品に接したうえで独自に判断すべきものだと思うからである。

続きを読む "芥川作曲賞 20周年記念ガラ 室内楽Ⅱ 8/28 19:00〜" »

« 2010年8月22日 - 2010年8月28日 | トップページ | 2010年9月5日 - 2010年9月11日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント