2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

2010年10月10日 - 2010年10月16日

2010年10月16日 (土)

ラファウ・ブレハッチ オール・ショパン・プログラム @リリア川口 10/15

【前置き】

ここのところ、ピアノの演奏会ばかりがつづいています。私は、特に他のジャンルに比べ、ピアノ好きということはないのですが、弦や管、室内楽で好みにあった演奏会があまりないことと、この秋は自分の趣向にあったプログラミングをみせる注目のピアニストが多いため、そんな結果になっているようです。もともとが聴きすぎなんですが・・・。今後は、バドゥラ=スコダや、アファナシエフ。それに、先日、このページで紹介したエフゲニー・スドビン。そして、オピッツ、小川典子、瀬尾久仁&加藤真一郎デュオなどの演奏会が候補に挙がっています。

さて、ブレハッチが一躍、名前を轟かせたのは5年前のショパン・コンクールで優勝したときのことです。現在、その次の大会が行われており、2次予選までで日本勢は全滅しているという残念なお知らせもあります。私は元来があまのじゃくですので、経験豊富なイム・ドンミン/ドンヒョク兄弟を3位以下に従え、圧倒的な優勝を飾ったツィメルマン以来のポーランド人ピアニスト・・・しかも、貧困な家庭から這い上がり、まったくエリート・コースを歩んでいないというオマケまでついたピアニストのことを、今日まで5年間も置いておいたのには、若干のこだわりがあります。

続きを読む "ラファウ・ブレハッチ オール・ショパン・プログラム @リリア川口 10/15" »

2010年10月15日 (金)

ペーター・レーゼル ベートーベンの真影 Ⅵ (ピアノ・ソナタ全曲演奏会) 10/14

ペーター・レーゼルは、紀尾井ホールを舞台に2008年から4年がかりで、ベートーベンのソナタ全曲を演奏するツィクルス公演をおこなっている。3年目の今年は、第5回と第6回がおこなわれるが、14日の第6回を聴いた。個人的には、初回を聴いて以来の機会となる。2年前の演奏のときにも十二分な感銘を受けたが、こちらの経験値も若干は増えたせいもあるのか、より強烈なインパクトを得ることができた。

【トリッキーな曲目構成】

今回のリサイタルは、ややトリッキーな演目が組まれている。私が足を運ばなかった第5回は、どちらかというと、ソナタのなかでも、「小品集」と言いたくなるようなコンパクトな作品を集めている。ところが、この第6回は楽章数だけみても、3、4、2、4とバラバラである。「狩り」と愛称のつく曲目はタイトルどおり、トリッキーなリズムや和声が頻出する変わった作風である。形式的にみても、典型的な緩徐楽章がなく、第3楽章に置かれたメヌエットがそれの代わりをしている風変わりな作品だ。28番は後期の作風を決定づける力強い作品であり、「悲愴」ソナタは、古典的な初期作品のうち、抜きん出た美しいフォルムをもつ。そして、27番はいわゆる「主題労作」を放棄し、きわめて自由な発想に基づいて書かれた、たった2楽章のシンプルなソナタ作品である。

続きを読む "ペーター・レーゼル ベートーベンの真影 Ⅵ (ピアノ・ソナタ全曲演奏会) 10/14" »

2010年10月14日 (木)

新日本フィルが2009年度/アニュアル・レポートを発表 〜ガバナンスで他楽団に先行

オーケストラの公益性に対する議論は、年々、厳しさを増しているように思います。もはや成長を念頭に置けない日本経済の爛熟と、少子高齢化に伴ういびつな国家バランスの形勢により、漸次的に衰退傾向を迎える日本の現状のなかで、金のかかる芸術分野へのリソースの振り向けには、いつも後ろ向きな議論がまとわりつくようになりました。

イタリーでは芸術予算を大幅に削減するための、いわゆる「ボンディ法」が成立し、スカラ座を含む大きな劇場が非常に大きなダメージを受けつつあることは、海外の動向に関心のある一部の層を除いて、日本ではさほど知られていません。来年、ボローニャ歌劇場が大規模な引っ越し公演をおこないますが、このような壮挙も、来年が最後という可能性だってあるのです。オペラの本場であるイタリーでさえ、このような事態になっているとしたら、日本の音楽界の将来もさほど明るいとは思われません。

続きを読む "新日本フィルが2009年度/アニュアル・レポートを発表 〜ガバナンスで他楽団に先行" »

« 2010年10月3日 - 2010年10月9日 | トップページ | 2010年10月17日 - 2010年10月23日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント