2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

2010年2月21日 - 2010年2月27日

2010年2月24日 (水)

マルクス・ボッシュ メンデルスゾーン 交響曲第1番&第5番 アーヘン響

【マルクス・ボッシュ】

現在、ヨーロッパでは中堅以下の叩き上げの指揮者に、優秀な人材を多く輩出している。これらの指揮者は前世代の追求した「ピリオド」的な解釈を当たり前のものとし、活きがよく、瑞々しい音楽解釈と、しっかりした構造把握に基づいた正統派の演奏で鳴らしているようだ。例えば、マルクス・シュテンツ、ステファン・ショルテス、エマニュエル・アイム、エドワード・ガードナー、マイケル・ウィグルスワースなどがそれに当たるだろう。

そして、ここに紹介するマルクス・ボッシュも代表選手のひとりに数えられる。現在、アーヘン市の音楽総監督の任にあるボッシュは1969年生まれというから、アラフォー世代の指揮者ということになる。ヴィースバーデン、ザールブリュッケンの劇場でポストに就き、正しく叩き上げのキャリアを積み上げた彼は、2002年にアーヘン氏の音楽総監督となり、舞台、コンサートの両面で一定の名声を築いた。これまでの録音では、同じくアーヘン響をパートナーに演奏したブルックナーの人気が高いようだ。

続きを読む "マルクス・ボッシュ メンデルスゾーン 交響曲第1番&第5番 アーヘン響" »

« 2010年2月14日 - 2010年2月20日 | トップページ | 2010年2月28日 - 2010年3月6日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント