2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 田村響 ピアノ・リサイタル & 計画停電下の街の様子 3/14 | トップページ | 原発、放射能大量放出を食い止める闘いは後半の分岐点へ »

2011年3月17日 (木)

誰かの犠牲によって成り立っている生活 ~自分だけよければ・・・はいま、通用しない

震災・津波発生から、まもなく1週間が経過しようとしています。津波の脅威は小さくなったものの、いまもって大規模な余震がつづき、福島では、原発の圧力容器を守るための闘いが日々、命がけで展開されています。東京電力という会社はいくら批判されても止むを得ないと思いますが、仲間がひとり減り、ふたり減りしていくなかで、生命を脅かすような被爆も顧みずにミッションをおこなっている現場職員の方々、警察、消防、防衛関係者のみなさまの活躍には、圧倒的な敬意を表する必要があります。

私は亡くなった高木仁三郎先生の信奉者であり、原発の危険性については意識しておりましたが、そういう自分にしても、最近は保守的なサイレント・マジョリティに転じていたのではないかという反省もあります。先生は2000年に亡くなられましたが、いま、草葉の蔭で本当に無念な想いをなさっているにちがいありません。

【原発地域の犠牲によって成り立つ電力需要】

政府や東電に「裏切られた」という周辺住民の想いはわかりますが、自分たちがなぜ、他の地域に比べてゆたかな生活ができるのか、彼らが一切、考えなかったとは思えません。このようなリスクは、わかっていたはずです。しかし、ジャブジャブ注がれる金銭や、ほかに産業がないという現実から、そのリスクのなかで生きるということを選択してきたのです。もちろん、住民の選択責任を批判的に書くつもりはありません。逆にいえば、そのような地域のリスクを代償に、私たち都市部の電力需要への供給は成り立っていたわけですから。

つまり、私たちは誰かの犠牲によって、日々の暮らしを過ごすことができていたというわけです。

私の住んでいる地域は明確な計画停電除外地域には指定されていないにもかかわらず、幸いにも、いちども停電がないようです。大きな幹線道路や大学病院があり、それらへの配慮から、停電が控えられている地域なのかもしれませんが、私たちがこうしていられるのも、実際に停電で不便な生活を強いられた方々の犠牲の上に成り立っています。交通機関の混乱も、私たちの地域では比較的、日常生活に影響が少ないレヴェルで済んでいますが、これもまた、時間によっては到達することが難しい地域、運休で足の届かない地域の犠牲の上に成り立っています。

【皇族の犠牲によって成り立つ日本】

ちょっと話題がずれますが、天皇制に対しても、私は国民全体が皇族だけに犠牲を押しつけていると感じています。天皇家は確かに、古代からつづく日本国、及び、日本国民の象徴でありますが、実態はひとりの人間であることに変わりありません。もちろん、病気にもなられますし、皇太子妃のように精神的にお辛い状況にもなれば、愛子内親王のようにいじめにも遭います。しかし、彼らは超然としていることが義務付けられています。私は下衆な言い方をすれば今上天皇の「ファン」で、年齢を重ねるに従って、この人物の自己コントロールの凄まじさや、耐える力、そして、滲み出る人間的な温かさというものに惹かれてきました。最近は人生とは絶え間ない人間修行であると思い始めた私にとって、明仁陛下は到達不可能なほど洗練されたヒーローなのです。

しかしながら、この優れた思慮の人が今上天皇を務めてくださっているからこそ、問題は最小限に収まっているとはいえ、そもそも僅かなプライヴェートさえない、特殊な役割を務めなければいけない皇族の方々の苦悩たるや、如何ばかりかと想像すると、まったくおぞましいとしか言いようがないように思います。私たちはこれらの方々の犠牲において、あらゆる意味において便利であり、我々の誇りたり得る存在でもある天皇家を維持しているわけです。私はこの点において、つよく天皇制に反対しています。

天皇家の方々は誰がどう屁理屈をつけようとも、人間であることに変わりはないのに、生まれたときから、あるいは、そこに輿入れしたときから、もはや人間としての人格はなくなってしまう。雅子皇太子妃が悩んだのも、そういう部分であったはずです。そういうことに耐えられるように、養育の重要性もあるわけですが、愛子内親王の例をみても、それもまた容易ではないとわかります。私がどう言おうとも、そもそも天皇は人間ではないとさえ仰る人たちもいるでしょうし、犠牲でもなんでもなく、それが当然のお姿であるという議論に徹することも可能でしょう。しかし、そのような人たちは、雅子様や愛子様の苦しみに、真剣には向きってはおられないのだと思うよりほかにありません。

実際、そういう立場の人たちからは、皇太子妃に対する厳しい批判があります。それを擁護するかのように、皇太子殿下や今上天皇から発言があったことはご存知のとおりですが、これらの批判者は、皇太子妃の人格云々の問題以前に、常人には求められないような高潔な人格を求められている天皇家に課されている、国家的な犠牲についての認識が甘いというほかありません。

これはさらに、沖縄をめぐる問題にも共通しています。

【個別の問題よりも大きいシステムの問題】

原発、天皇、沖縄・・・誰かの犠牲によって、国民の大多数が利益を得ています。それらの問題は国策であり、多少の犠牲も止むを得ないことだと私たちは考えてきました。ここで議論を、原発に絞りましょう。

原発は、確かに便利なものです。イメージほど経済性に優れたものでもなく、効率的でも、クリーンでもないし、地域に対するメリットも多いわけではないということは、故高木仁三郎先生の著書などにはっきりと指摘されていますので、ご参照ください。念のため、言っておきますが、高木仁三郎は元電力会社の社員で、そこでの勤務経験に基づき、原子力の危険性をひしひしと感じられ、「市民科学者」として活動されるに至りました。氏はバリバリの左翼的思想家ではなく、ニュートラルな視点から原発の安全性について指摘をされ、JCOの事件では隠蔽やデータの意図的な改竄も辞さない動燃関係者などと闘い、政府も最終的に、氏の測定データに信頼を置くに至ったという人物です。

一方、その発電能力の大きさに日本経済全体が依存しているのもまた事実です。今回、問題になっている福島第一原発は、1970年代に建設された古い炉で、もとから老朽化などに懸念が寄せられていました。そこに未曾有の大津波が来て、想定されざる電源設備などの冠水が起こった結果、現在の危機に至っています。今回の一連の経緯のなかには、高木先生も指摘された人為的なミスも重なりました。注水作業を進めている際、作業員が他の炉の見回りに出かけた際、燃料切れが起こってしまい、2号機の燃料が一時、露出してしまったということが起こったのは、記憶に新しいところです。

しかし、ここで作業員の落ち度を云々することができるでしょうか。むしろ、批判されるべきなのは、彼らの犠牲の上に炉心溶融の危機と闘わなくてはならないような、ここまでの事態を招いた人たち、このようなシステムを「絶対安全」として組み立ててきた人たちです。

【自分たちがよければ・・・は通用しない】

このような危機に陥って、もはや、自分たちだけがよければいいという姿勢は通用しなくなりました。大停電を招くのも、商店にモノがなくなるのも、ガソリン・スタンドに油がなくなるのも、すべて自分たちさえよければという精神に基づいています。これは被災地域よりも、その周辺で特に顕著なようです。お米や食パンを大量に買い物カゴに載せる前に、そのことによって、犠牲になる人のことを考えましょう。スタンドの列に並ぶ前に、そのクルマを使うことが適切なのか、よく考えてください。

例えば、私たち老人施設では、自分では自由に動くことのできないお年寄りのお迎えをするのに、どうしてもクルマが必要です。しかし、私たちに給油を優先してくれるようなシステムはないし、給油がうまくできなければ死活問題になります。

17日の昼、ツイッターのサイトにアクセスしてみたところ、アクセス過多が原因ででサイトへの接続が難しくなっていました。私はツイッターはあまり使いませんが、ROM専門で、最近の情報収集に活用していました。しかし、このようなことがつづけば、被災地やその自治体、被災された方々の家族などが情報ツールとして利用するのも難しくなります。ツイッターの利用も、なるべく必要なければ使わないようにしようというのが、私からの提案です。

とにかく、自分だけがよければと買いすぎたり、使いすぎたりすることが、はっきりと他者の犠牲となって表れているのが、みなさんにもよくわかる状況だろうと思います。明日はきっと争奪戦に勝とうと思うのではなくて、私が譲れば、徐々に余裕が出てくるだろう・・・という発想に切り替えるべきだと思います。私の母も昨年の6月に定年して、テレビの影響を受けやすくなっています。水が売ってないとか、パンが売ってないとか言ってきますが、水は蛇口をひねれば出る、パンは食パンがなくても、ほかのパンはたくさんあると言い返しています。

伝説によれば、フランス革命で断頭台に送られたマリー・アントワネットはパンを求めてデモ行進する民衆に対して、「パンがなければ、お菓子を食べればいいのに!」といって反感を買ったそうですが、現在の状況では、その言葉は大いに参考になります。数日前、私はパン屋にいました。店でパンを選んでいると、次々に食パンを買いに来る人が絶えないのです。ところが、ほかの惣菜パンや菓子パンは十分にありました。米は十分な備蓄があって減反政策をやっているぐらいですし、それが仮になくなっても、まだうどんやそば、パスタにピザ・・・いくらでも食べるものはあります。東京も被災地ですが、それでも食糧の心配はありません。外食だって、ちゃんと営業しています。そのことを無視して行動するから、お菓子さえ店頭にない状況になってしまうのです。

【自分のアタマで考えよう】

とにかく、自分のアタマで考えることです。献血に行ったり、義捐金を出したり、ボランティアに参加したいと願ったり、そういう動きはいいことなのですが、マス・メディアに動かされての行動には、むしろ、マイナスの面が多いのではないでしょうか。都市での品不足や買い占め、GS渋滞、放射線に対する過剰反応、風評被害などです。もちろん、チェルノブイリ級の事故に発展すれば、菅総理も仰ったというように、確かに東日本が駄目になる可能性だってあります。しかし、その可能性は現時点では高いものとはいえませんから、冷静に事態を見つめる必要があります。

報道によれば、震災時、日本人のモラルの素晴らしさが外国メディアから賞賛されているようですが、本当に、この国の人たちが賞賛されるべきなのかどうかは、これからの動き次第ということになりそうです。誰かの犠牲について考え、自分たちをコントロールすること。そのことが危機的な状況下で、どれだけできるのか。マス・メディアの悪影響を、いかに自分たちで排除できるのか。私たちのこころと知恵が、問われています。それこそ、今上天皇のことを見習わなければなりません。

« 田村響 ピアノ・リサイタル & 計画停電下の街の様子 3/14 | トップページ | 原発、放射能大量放出を食い止める闘いは後半の分岐点へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/51147481

この記事へのトラックバック一覧です: 誰かの犠牲によって成り立っている生活 ~自分だけよければ・・・はいま、通用しない:

« 田村響 ピアノ・リサイタル & 計画停電下の街の様子 3/14 | トップページ | 原発、放射能大量放出を食い止める闘いは後半の分岐点へ »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント