2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

2011年1月9日 - 2011年1月15日

2011年1月12日 (水)

東響の首席チェロ奏者 ベアンテ・ボーマンが定年退職

東京交響楽団の首席チェロ奏者、ベアンテ・ボーマンは楽団の顔であった。シベリウス・アカデミーに学んだ音楽家で、優れた神父でもあるボーマンは日本に音楽が根付いていないことを残念に思っていたことと、神父として活動するためのビザ取得を目的として、東響に首席奏者として入団したという。そして、この2つの目的をボーマンは真摯に果たしてきた。どちらが主で、どちらが副というわけではない。いずれの立場においても、きっと、彼は誰よりも真面目で、熱心だったはずである。

続きを読む "東響の首席チェロ奏者 ベアンテ・ボーマンが定年退職" »

2011年1月11日 (火)

神田慶一&青いサカナ団 歌劇『あさくさ天使』を改訂再演 ②

以前、「ニュース」のカテゴリで少し触れたが、キャスト等が発表になったため、再度、項を改めて書くことにしたい。

神田慶一の歌劇『あさくさ天使』は、江戸開府400周年の記念企画として委嘱され、東京文化会館の大ホールで壮大に初演された。日経新聞の池田卓夫氏なども絶賛し(キャスティングなどに関与しているから当然としても)、その後、再演をめざす動きもあったが、東京都の厚い支援を受けたプロダクションをそのまま取り戻すのは難しかった。そこで、神田氏は本年、大幅にコンパクト化した改訂を施すことで、再演に漕ぎ着ける決意をした。それが、3月の公演である。

続きを読む "神田慶一&青いサカナ団 歌劇『あさくさ天使』を改訂再演 ②" »

須藤慎吾(Br)&服部容子(pf) 声とピアノのアンサンブル 日本声楽家協会

須藤慎吾は、藤原歌劇団に所属する若いバリトン歌手である。藤原本体の不振にもかかわらず、所属歌手の若手、特に男声には素晴らしい素材がたくさん台頭してきているが、テノールの村上敏明と、バスの須藤慎吾はそのなかでも抜きん出た存在である。一方、二期会には女声に優れた若手が多いので、このあたりがジョイントして公演でもやってくれれば、申し分ないのだが、実際はそういう機会はあまりないので、どちらの公演にいっても、どこか物足りない印象がつづく。それはそれとして・・・。

続きを読む "須藤慎吾(Br)&服部容子(pf) 声とピアノのアンサンブル 日本声楽家協会" »

« 2011年1月2日 - 2011年1月8日 | トップページ | 2011年1月16日 - 2011年1月22日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント