2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

2011年6月19日 - 2011年6月25日

2011年6月25日 (土)

マクミラン版 プロコフィエフ ロメオとジュリエット マトヴィエンコ&小野組 新国立劇場(バレエ部門) 初日(6/25) ①

【あの日、聴くはずだったロメジュリ】

未だ原発問題だって、収束したとは言い難い状況ではあるが、日常生活の惰性のなかで、徐々に震災の記憶も遠ざかっていくものを感じる今日この頃である。日本人のこころのなから、むこう何十年の間、決して消えるはずはないはずの強い記憶が、それから遠ざかりたいという潜在的な願望に砕かれようとして、私のもっているはずの良心と鋭く対立している。しかし、人間とは実に弱いもので、私の知性はいつも強い記憶の味方をするのに、対照的に、こころのほうは願望のほうに、ともすれば流されていくようだ。

続きを読む "マクミラン版 プロコフィエフ ロメオとジュリエット マトヴィエンコ&小野組 新国立劇場(バレエ部門) 初日(6/25) ①" »

2011年6月22日 (水)

モルゲンシュテルン・トリオ スメタナ ピアノ三重奏曲 (Azica Records)

プレスラーに象徴されるように、私はアンサンブルのピアニストが好きである。トリオ・ヴァンダラーのヴァンサン・コック、ガブリエル・ピアノ四重奏団の金子陽子、ベートーヴェン・トリオ・ボンの濱倫子、レヴァン・フランセにおけるエリック・ル・サージュ、ピーター・ドノホー、蓼沼恵美子、市野あゆみ、服部容子・・・。そのコレクションに、新たに加わりそうなのが、モルゲンシュテルン・トリオの紅一点、キャスリーン・クリッフェル(Catherine Klipfel)だ。

【モルゲンシュテルン・トリオ】

モルゲンシュテルン・トリオはドイツ・エッセンの大学に通っていたメンバーによって、2005年に結成されたキャリアの浅いトリオであるが、ミュンヘンのARDコンクール第2位(およびオーディエンス賞)を筆頭に、既に世界的なコンペティションで素晴らしい実績を上げてきた。私がこよなく愛するベートーヴェン・トリオ・ボンとはほぼ同世代であり、強力なライバルである。上のコンペティション実績は、トリオ結成からわずか数年の間に掴んだものであり、ベートーヴェン・トリオ・ボンと同様に、運命に導かれたトリオというべきだろう。

続きを読む "モルゲンシュテルン・トリオ スメタナ ピアノ三重奏曲 (Azica Records)" »

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント