2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年8月7日 - 2011年8月13日

2011年8月13日 (土)

エミリー・バイノン フルート・リサイタル プロコフィエフ&プーランク 8/11

【エミリー・バイノンについて】
オランダのアムステルダム・ロイヤルコンセルトヘボウ管のフルート首席奏者であるエミリー・バイノンは毎夏、鹿児島県の霧島国際音楽祭のために来日している。大震災からちょうど5ヶ月目となるこの日、バイノンは東京でリサイタルをおこなった。コンセルトヘボウ管の公演では何度も吹いているとしても、首都圏での単独リサイタルは初めてだと思ったのだが、姉妹デュオでいちどだけ吹いたことがあるという。しかし、限りなく初めてにちかい機会である。

バイノンは、ベルリン・フィルのエマニュエル・パユと並んで、オーケストラ所属のフルーティストでは突出して有名だ。25歳にして、この伝統あるオーケストラの首席奏者に就任し、はや15シーズンを超えるキャリアを築いた。前任者、かの高名なるジャック・ズーンにも負けない活躍で、いまやアムステルダムの顔となっている存在。ただし、ミーハーなファン層も多く、チケット争奪戦も大変なパユと比べれば、バイノンの支持者はやや地味である。バイノンはよく知られた親日家でもあり、既述のとおり、霧島の音楽祭に定期的に参加しているほか、HPには日本語のページもあって、和服姿まで披露しているという具合になっている。

今回は、プロコフィエフとプーランクのソナタを中心とした構成でプログラムを組んだ。

続きを読む "エミリー・バイノン フルート・リサイタル プロコフィエフ&プーランク 8/11" »

2011年8月 8日 (月)

小森輝彦&服部容子 デュオ・リサイタル2011 ヴォルフ メーリケ詩集 ほか 8/6

【ドイツ宮廷歌手:小森輝彦】
毎夏、バリトンの小森輝彦とピアノの服部容子によるデュオ・リサイタルは、楽しみなイベントであった。1年ごとにれヴューを書いてきたが、それでもまだ、書くことに困らないほど、彼らは日々精進し、年ごとに新しいものを付け加えていく。小森のほか、クァルテット・エクセルシオ、下野竜也(指揮者)など、私の注目する音楽家はひとつところに留まることを良しとせず、日ごとに自分を変えていくことのできる努力の人ばかりだ。私は彼らの成長にいささかの貢献もしたものではないが、それでも、彼らがその努力に応じてポジションを高めていくのをみると喜ばしいものだ。

さほど注目されていないように思うが、本年4月、小森輝彦もドイツの「宮廷歌手」の称号を授けられた。本人談によると、英国では、’sir’の称号に当たるというこの栄誉を受ける日本人は、なんと小森が初めてだという。ほかにどういう人が「宮廷歌手」の称号を受けているかといえば、例えば、フランシスコ・アライサ、テオ・アダム、ヘルマン・プライ、ペーター・シュライヤー、ジュゼッペ・サッバティーニ(ウィーン国立歌劇場)など、錚々たる名前が並ぶ。

続きを読む "小森輝彦&服部容子 デュオ・リサイタル2011 ヴォルフ メーリケ詩集 ほか 8/6" »

« 2011年7月31日 - 2011年8月6日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント