2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011年10月23日 - 2011年10月29日

2011年10月23日 (日)

下野竜也 團伊玖磨 交響曲第6番「広島」 ほか 読響 みなとみらいホリデー名曲シリーズ 10/23

【ドクター・アトミック・シンフォニー】
今回の読響の演奏会は原爆をめぐる二題であり、日本人として、どうしても聴いておきたいコンサートであった。本当ならば翌日のサントリーホール公演のほうがいいが、都合が許さないので横浜まで出かけた。会場の音響も含めて、24日のほうが充実した公演になるだろう。

前半は、ジョン・アダムズの歌劇『ドクター・アトミック』の交響曲版である。これは原爆制作側の責任者で、天才的な科学者ともいわれるオッペンハイマー博士を主人公にしたオペラの編曲だ。オペラは、人間が完全には制御できない領域、神の領域に手を突っ込むことへの葛藤を越えて、この超越的な武器の開発によって戦争をなくすという理念に向かい合ったファウスト的人物への、アイロニカルな視点で描かれている。広島・長崎の現実からは、一見、すこし離れたところにテーマが置かれているが、昨今、私たちを苦しめているフクシマの問題と重ねて考えてみれば、この作品がより幅広い問題を串刺しにしていることがわかるだろう。

続きを読む "下野竜也 團伊玖磨 交響曲第6番「広島」 ほか 読響 みなとみらいホリデー名曲シリーズ 10/23" »

« 2011年10月9日 - 2011年10月15日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント