2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

2011年10月30日 - 2011年11月5日

2011年11月 1日 (火)

アルド・チッコリーニ ベートーベン ピアノ・ソナタ第31番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第2夜 (リサイタル) 10/31 ②

【編曲ものはリストの批評】
後半は、リストの編曲もの2曲で始まった。すなわち『アイーダ』と『トリスタンとイゾルデ』だが、これらの曲目は、コンクールで弾く若手のピアニストのレヴェルでも、技術的には上手にこなすようになってきた昨今の情勢である。しかし、当然のことながら、チッコリーニの演奏はそれとは次元がはるかに異なるというべきだ。技術的なものでないとするなら、どこに若手とチッコリーニの差があるのであろうか。それは、その響きを何のために使うのかという問題に対して開かれる、内面の驚くべき豊富さに求められるように思うのだ。リストの編曲ものなど、所詮は見せびらかしの曲芸にすぎないものだと、これまで、私は思いなしてきたが、この日、その認識はハッキリと過ちであったと理解するに至った。

続きを読む "アルド・チッコリーニ ベートーベン ピアノ・ソナタ第31番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第2夜 (リサイタル) 10/31 ②" »

アルド・チッコリーニ ベートーベン ピアノ・ソナタ第31番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第2夜 (リサイタル) 10/31

あまり言葉を飾りたててもいけないとはわかっているが、このリサイタルに関して語るとき、私はとても冷静ではいられない。今年は先日のレーゼルをはじめ、メラーやネルセシアンなどの国際的にも著名なアカデミシャンから、田村響、スドビン、ホロデンコのような若手まで、数多くのピアニストの演奏を耳にしてきたが、この演奏は明らかにそのなかでベストである。それどころか、今後、年末までに行われるどのコンサートも、この演奏会に勝るものとなり得るようには思えない。私の接したもののなかでは、コンヴィチュニー演出の二期会『サロメ』と、どちらを最高とするかは迷うところだが、ともかく素晴らしいコンサートであった。

続きを読む "アルド・チッコリーニ ベートーベン ピアノ・ソナタ第31番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第2夜 (リサイタル) 10/31" »

2011年10月31日 (月)

第5回定期演奏会 「ドイツのオケで聴きたい音楽」

私の定期演奏会も、第5回を迎えた。今回は、「ドイツのオケで聴きたい音楽」をテーマとした。音楽のインターナショナル化が進み、最高のオーケストラと普通のオーケストラの差は小さくなり、幸か不幸か、オーケストラのもつローカル性も薄れてきた。そのなかで、まだしも特徴を出しやすいのはドイツのオーケストラである。しかし、そういうオーケストラがせっかく来日しても、前半は著名なソリストによる名曲の協奏曲、後半はベートーベンかマーラーの交響曲第5番というのでは、行く気も失せるというものだし、向こうさんも「よし!」という感じにはならないだろう。

続きを読む "第5回定期演奏会 「ドイツのオケで聴きたい音楽」" »

2011年10月30日 (日)

アルド・チッコリーニ モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第1夜 (協奏曲) 10/27

【南国の雰囲気】
坂口安吾は『富山の薬売りと越後の毒消し』という紀行文エッセイのなかで、薬売りの本拠である富山の陰鬱さに比べて、豪華な邸宅の建ち並んでいたという毒消し売りの本拠、新潟県南蒲原郡の角田村(現在は新潟市=巻町に合併)を訪ねて、雪の深く積もるような真冬にもかかわらず、そこに南国をみたと書いている。その前月、安吾は正に南国である宮崎県の高千穂村を訪れ、そこに伝わる夜神楽の伝統を供してきたような、その土地の民衆の人間性を「芸術家」の気風をもっていると評していたが、越後の毒消し売りについても同じような気風を見出して、それを南国的と評したのだ。

「それが日向では自嘲とかデカダンを感じさせず、純粋に人生の幸、生きることの幸を感じさせるところに明るさや大らかさや清潔さがにじみでてくるのかも知れない。しかも、日向の男の感覚や神経は案外女性的で、開放的ではあるがデリケートであり、そんなところにも古い世からの遊芸人の血筋をみることができるような気がするのだ」(坂口安吾『高千穂に冬雨ふれり』より)

続きを読む "アルド・チッコリーニ モーツァルト ピアノ協奏曲第23番 ほか ジ・アート・オブ・チッコリーニ 第1夜 (協奏曲) 10/27" »

« 2011年10月23日 - 2011年10月29日 | トップページ | 2011年11月6日 - 2011年11月12日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント