2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »

2011年11月6日 - 2011年11月12日

2011年11月12日 (土)

ヴォルフガング・ボージチ 家庭交響曲 都響 定期 (A/B) 11/10、11

【ボージチ詣で=2夜連続】
現在では毀誉褒貶も激しいオペラ演出の鬼才、ペーター・コンヴィチュニーの仕事で今日、もっとも声望が高いのはハンブルク、そして、それよりも前のグラーツあたりでの仕事である。そのグラーツにおいてピットから舞台を支えたのが、この日の客演指揮者、ヴォルフガング・ボージチだったことは、日本ではあまり知られていない。地元グラーツでは大学の教授も務めるアカデミシャンとしても活躍し、つい最近まで、ハノーファー歌劇場のGMDとしても実績を残してきた。正に、劇場叩き上げのカペル型指揮者である。

2008年にコンヴィチュニー演出の『アイーダ』を輸入し、セット・演出とキャストは直輸入、管弦楽はオペラに疎い都響、コーラスは二期会、会場は舞台芸術では特に響きの悪いオーチャードホール(関東公演)、主催はどこかよくわからない(調べなかっただけだが)という不思議な組み合わせの公演があったが、私は無論、このガチャガチャなプロダクションに興味を示さなかった。しかし、そこでどうやら好評をとった指揮者が3年ぶりに登場し、リヒャルト・シュトラウスの『シンフォニア・ドメスティカ』で再共演するということで、私は少なからず期待を抱いていた。前半はフレディ・ケンプ(pf)の弾くモーツァルトの23番だったが、先日、同じ演目をチッコリーニの演奏で聴いたばかりとあっては耳に毒だと思われた。そのため、「おそ割」の半額で聴いてきたので、演奏会の全部を語るわけにはいかないのだが、それでも喋りたいことが次から次にフツフツと沸いてくるような、豊富なインスピレーションに満ちた舞台であった。

その結果、私は2夜、同じ行動を繰り返すこととなり、結局、通常の1回分の料金とはなったのである。

続きを読む "ヴォルフガング・ボージチ 家庭交響曲 都響 定期 (A/B) 11/10、11" »

2011年11月 9日 (水)

ビントレー振付 ブリテン パゴダの王子 福岡雄大 & 小野絢子 (+湯川麻美子) 組 新国立劇場(バレエ部門) 11/6 ②

【重なり合うブリテンとビントレー】
ブリテンの舞台音楽というのは、非常に独創的である。私は年代順にいって、オッフェンバック、ヤナーチェク、レハール、リヒャルト・シュトラウス、ブリテンの舞台作品を特に愛するものであるが、このなかでも、ヤナーチェクとブリテンは際立ってインディペンデントな作風をもっている。ブリテンはバッハを尊敬し、オーソドックスな対位法の手法にも十分な価値を見出していたが、そのことは、『パゴダ』においても最後のほうのシーンで明らかに示されている特徴だろう。最初の幕の4花婿の踊りにおいて、2番目に出てくる東の王の踊りなどはもっと古く、バロック・オペラなどで(オルペイウスなどが赴く)地獄を表すときのような響きをもつ。一方、この作品の下地にもなったというガムランの響きが、パゴダの象徴となっているように、新しい素材への関心も実に新鮮で柔らかかった。

続きを読む "ビントレー振付 ブリテン パゴダの王子 福岡雄大 & 小野絢子 (+湯川麻美子) 組 新国立劇場(バレエ部門) 11/6 ②" »

2011年11月 6日 (日)

ビントレー振付 ブリテン パゴダの王子 福岡雄大 & 小野絢子 (+湯川麻美子) 組 新国立劇場(バレエ部門) 11/6

【導入と全体的な印象】
デヴィッド・ビントレー振付によるブリテンの『パゴダの王子』の舞台、千秋楽の模様をリポートする。終演後はセットに緞帳が引っ掛かり、破れてしまうという珍事に見舞われたが(最終日でよかったネ!)、舞台そのものはビントレーらしい特徴に満ちたファニーなもので楽しめた。この日はサラマンダー(火とかげ)と化した王子に福岡雄大、その妹のヒロイン役、さくら姫に小野絢子。そして、継母役、エピーヌに湯川麻美子というキャスティングである。いま「継母」としたが、本来は「姉娘」のはずであり、王子と姫の関係も「兄妹」ではなく「婚約者」のはすだが、ビントレーの意趣変更に基づくと思われる劇場発行のリーフレットに従って、そのように書く。このことは若干、プロット上の問題を含んでいるが、それについては後述する。

続きを読む "ビントレー振付 ブリテン パゴダの王子 福岡雄大 & 小野絢子 (+湯川麻美子) 組 新国立劇場(バレエ部門) 11/6" »

« 2011年10月30日 - 2011年11月5日 | トップページ | 2011年11月13日 - 2011年11月19日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント