2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011年2月27日 - 2011年3月5日

2011年3月 3日 (木)

コンヴィチュニー演出 リヒャルト・シュトラウス サロメ 二期会オペラ公演 Bキャスト 2/26 ③

【オペラと関係】

ところで、このページをご覧のみなさんにとって、オペラの中でもっとも大事だと思う要素は何であろうか。音楽、プロット、歌、オーケストラ、演技、衣装、装置・・・。私がその中でも特に重くみるのは、「関係」である。もっとも関係は、あらゆるジャンルにおいて、いつも重要な位置を占めているのに、私たちがそれと気づかないもののうちのひとつに入る。例えば、ヴァイオリンとピアノのソナタにおいてさえ、2つの楽器を結ぶ関係の深さは、音楽の価値を決めるほどに大きいものである。たとえひとりでピアノを弾くにしても、和声とリズム、ペダル、打鍵などの関係がしっかりしていなければ、音楽のもつ本当の輝きが浮かび上がってこない。

続きを読む "コンヴィチュニー演出 リヒャルト・シュトラウス サロメ 二期会オペラ公演 Bキャスト 2/26 ③" »

2011年2月27日 (日)

コンヴィチュニー演出 リヒャルト・シュトラウス サロメ 二期会オペラ公演 Bキャスト 2/26 ②

コンヴィチュニーの演出は、本当に細かく奥行きがある。表現の方向性(ベクトル)も豊富であり、どのような点に注目するかで、作品に対する見方は七転するだろう。その意味で、私は「あまり細かくみるべきではない」ということで、お茶を濁す手も考えたものだ。しかし、それではあまりに勿体ない要素が多すぎるので、いくつか印象に残った部分だけを取り上げておこう。

続きを読む "コンヴィチュニー演出 リヒャルト・シュトラウス サロメ 二期会オペラ公演 Bキャスト 2/26 ②" »

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント