2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« エリシュカ ドヴォルザーク 交響曲第6番 & ヤナーチェク シンフォニエッタ N響 A定期 1/13-14 ② | トップページ | ハーディング マーラー 交響曲第9番 新日本フィル トリフォニー定期 1/20 »

2012年1月18日 (水)

ツイッターを使ってみることに。

アリスの音楽館でも、ツイッター Twitter を使ってみることにしました。

このページでは、敢えて私の音楽体験のみに特化して記事をつくっていますが、ツイッターのほうもその位置づけに準じることは変わりません。しかし、ブログのほうでは十分に研究してから、ある程度、まとまったところで記事を公開しています。この録音には少し触れておきたいと思っても、時間がなくて、なかなかアップに至らないうちにお蔵入りすることも少なくありません。

そこで、ブログでは取り扱わないショートな記事をツイッターのほうに書いてみることにしました。これにより、「アリスの音楽館」の読者は、お望みならば、より幅広くアリスの音楽体験に接近することができます。というか、私の音楽体験を知ることには何の意味もないでしょうから、私の耳を通じて、読者は普段、関心をもたないようないろいろな情報に触れることができます・・・としておいたほうが無難でしょうか。

私は正直、ツイッターがあまり好きではないですし、このブログの補助的な役割でしか使うつもりはありません。いまでも、まだツイッターの長所や短所について、ハッキリした理解をもっていないという感じもしています。しかし、使ってみないと理解しにくい面もありますし、とりあえず、試用してみることにしたものです。

ユーザー名は mzammer で、これは私のもうひとつの趣味である、サッカーの分野においてもっとも尊敬する選手であったマティアス・ザマーからとったものです。ザマーは、歴史的な名選手であったフランツ・ベッケンバウアーの後任としてドイツ代表のリベロを担当し、クラブではブンデス・リーガのボルシア・ドルトムントでも活躍しました。ベッケンバウアー同様、否、それ以上に攻撃的な選手でもあり、ディフェンス以外に、絶妙の飛び出しからエレガントなゴールも決めています。しかし、バロンドールを獲得した1996年の翌年、1997年以降は怪我に苦しみ、本来のフォームを取り戻すことはかないませんでした。引退後のザマーもドルトムントに戻ってチームを優勝に導くなど成功し、現在はドイツ・サッカー協会のなかで活躍しています。

ページの右上に、とりあえず表示させることにしました。そうこうやっているうちに、レオンハルトの訃報が流れてきたので、これが最初のツイートになっています。

« エリシュカ ドヴォルザーク 交響曲第6番 & ヤナーチェク シンフォニエッタ N響 A定期 1/13-14 ② | トップページ | ハーディング マーラー 交響曲第9番 新日本フィル トリフォニー定期 1/20 »

その他記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543421/53761733

この記事へのトラックバック一覧です: ツイッターを使ってみることに。:

« エリシュカ ドヴォルザーク 交響曲第6番 & ヤナーチェク シンフォニエッタ N響 A定期 1/13-14 ② | トップページ | ハーディング マーラー 交響曲第9番 新日本フィル トリフォニー定期 1/20 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント