2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

2012年5月13日 - 2012年5月19日

2012年5月17日 (木)

ラザレフ チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 日フィル 杉並公会堂シリーズ 第1回 5/13

【近代的な軋みのなかで】

ロシアは、大雑把な国だ。それなのに、社会主義や計画経済に乗り出してみたりするから、見事に失敗するのも止むを得ないことだ。もちろん、ロシアという国の政治について私が知っていることは少ない。レーニンもトロツキーも、まして、スターリンなんてよくわからない。フルシチョフにブレジネフ? 挙句の果てに、プーチン独裁。よくわからぬものをわかったように言うのもみすぼらしいが、強かなロシアの世界戦略なんて、どうみても張子の虎ではなかろうか。ラザレフの音楽が、それを語っているのだ。ロシア、あるいはロシア人の音楽の特長とは、彼らの好むあのつよい酒によく似ている。ピアニストのアファナシエフがロシア楽壇の腐敗の象徴として、音楽劇『展覧会の絵』のために持ち出したお馴染みの酒、ウォッカのことだ。

続きを読む "ラザレフ チャイコフスキー 交響曲第6番「悲愴」 日フィル 杉並公会堂シリーズ 第1回 5/13" »

« 2012年5月6日 - 2012年5月12日 | トップページ | 2012年5月20日 - 2012年5月26日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント