2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

2012年8月12日 - 2012年8月18日

2012年8月12日 (日)

ウルバンスキ ドヴォルザーク 交響曲第7番 ほか 東響 @フェスタサマーミューザ川崎 8/7

【ウルバンスキの特徴】

16:00からのリハーサルを聴いて、私は軽いショックを受けた。東響の首席客演指揮者に就任するクシシュトフ・ウルバンスキに対する私の最初のインプレッションは、「空恐ろしい」の一言に尽きる。

演奏が軌道に乗ると、すぐに客席へ下りていき、慎重に音響を確認しながらのリハーサル。戻るときには、高いオケ・ピットの壁をひとっ跳びに上がっていくのだから、指揮者というよりはアスリートである。29歳のポーランド青年がつくるドヴォルザークの音楽は、必ずしもチェコ的ではなかった。そう思うのも、ガッシリして、のんびりしたところがなかったからであろう。ドイツ的な堅固さともちがい、旋律的なラインの一本一本が筋金のように堅固でありながら、どこか活き活きとした生命感に満ちている。その響きの緊迫はこの時代のチェコ音楽としては、容易に独立運動のイメージと結びつくが、それだけでもないようだ。ウルバンスキの大事にしたのは、政治的、歴史的な背景というよりは、この時代のチェコで、ドイツ音楽からの響きの独立がどのように志向されたかという、音楽的にはより高次の問題である。

続きを読む "ウルバンスキ ドヴォルザーク 交響曲第7番 ほか 東響 @フェスタサマーミューザ川崎 8/7" »

« 2012年8月5日 - 2012年8月11日 | トップページ | 2012年8月19日 - 2012年8月25日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント