2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

2012年12月2日 - 2012年12月8日

2012年12月 4日 (火)

村田千佳 with アポロン・ミューザゲート・クァルテット シューマン ピアノ五重奏曲 ほか 音+ピアノ・アンサンブル・シリーズ(初回) 12/2

【プレスラーと同じタイプの村田千佳】

弦とのアンサンブルにおいて、アンサンブル・ピアニストのひとつの理想は、いかに、弦の響きを上手に模倣するかである。これができれば、ピアノは弦の響きを生々しいアンプ装置として増幅することができ、楽器間の距離も縮まれば、表現の幅も飛躍的に広げられることになる。メナヘム・プレスラーの演奏会において、私はそのことを教えてもらった(ボザール・トリオのファンの皆様には、いまさらな話であろう!)のだが、ピアノを用いた室内楽に関する限り、そのときの強烈な印象は私をいまもって支配しているようだ。この日、耳にした村田千佳のパフォーマンスは、その演奏にちかいタイプのものである。もちろん、プレスラーの領域にはまだまだ遠いのであろうが、上を見上げればキリがないというものだ。私はいまの時点で、彼女が見事なやり方で、弦のアンサンブルのうちに軽やかに溶け込んでくるのを感じたことを、素直に重くみたい。そして、それは実に、鮮やかだったのだ!

続きを読む "村田千佳 with アポロン・ミューザゲート・クァルテット シューマン ピアノ五重奏曲 ほか 音+ピアノ・アンサンブル・シリーズ(初回) 12/2" »

« 2012年11月25日 - 2012年12月1日 | トップページ | 2012年12月9日 - 2012年12月15日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント