2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

2013年12月1日 - 2013年12月7日

2013年12月 1日 (日)

寺神戸亮&レ・ボレアード モーツァルト フィガロの結婚 北とぴあ国際音楽祭(千穐楽) 11/24

【演出におけるピリオド・アプローチ】

ここ数十年の歴史で、オーケストラや器楽演奏におけるピリオド演奏の重要性が再認識され、バロック以前、古典派の作品を演奏するときのテンポ、アーティキュレーション、音色などに多大な変動が生じたが、オペラ演出におけるピリオド・スタイルの追求ということは話題にならなかった。この方面では、演劇や映画の業界から人材が入り、オペラのもつ劇的な特徴をより新鮮な印象に塗り替えたり、ジャーナリストが好むような現実的な比喩を取り入れたりしたほか、映画に匹敵するスペクタルな効果を生むような装置、衣装、照明などの活用を図るといった方向で、演出を「新しく」することに関心が集まってきた。今回、北とぴあ国際音楽祭が上演した『フィガロの結婚』はそれらとは対照的に、作品を原点に戻す試みであるようにみえた。

続きを読む "寺神戸亮&レ・ボレアード モーツァルト フィガロの結婚 北とぴあ国際音楽祭(千穐楽) 11/24" »

« 2013年11月17日 - 2013年11月23日 | トップページ | 2013年12月8日 - 2013年12月14日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント