2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

2014年5月11日 - 2014年5月17日

2014年5月12日 (月)

ピアノ・デュオ 春の祭典2014 ~東日本大震災復興への祈りを込めて~ 連弾ネット/国際ピアノデュオ協会/仙台ピアノデュオの会 共催 @東京公演 5/4

【ピアノ連弾音楽の可能性】

音楽学者の西原稔氏は著書のなかで、ロマン派やウィーン古典派など、私たちがよく知っていると思い込んでいる19世紀の音楽は、実のところ、一部に偏った研究しかなされておらず、この時代に生み出され、流通した音楽の大部分は現在、ブラックボックスに入ったままだと指摘しています。音楽史の発展にはほとんど無関係とみられ、研究対象から排除されてきた娯楽性のつよい作品は、当時、貴族や上流階級のサロンが支える文化のなかでもっともよく消費されたと思われています。その時代で有名だったオペラのアリアなどからつくった編曲もの、幻想曲やロンド、ノクターン、メヌエットなどの舞曲など。ピアノ連弾で、著名な作品の編曲版を演奏してみるなどの需要は非常に多かったのです。こうした音楽には現在でも、当時とは若干ことなる意味ながら、豊富なポテンシャルが潜んでいます。

続きを読む "ピアノ・デュオ 春の祭典2014 ~東日本大震災復興への祈りを込めて~ 連弾ネット/国際ピアノデュオ協会/仙台ピアノデュオの会 共催 @東京公演 5/4" »

« 2014年5月4日 - 2014年5月10日 | トップページ | 2014年5月18日 - 2014年5月24日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント