2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »

2014年1月19日 - 2014年1月25日

2014年1月24日 (金)

カンブルラン ベルリオーズ イタリアのハロルド ほか 読響 サントリー定期 1/14

【遮られる音響】

ルチアーノ・ベリオの作品『フォルマツィオーニ』が中間に入ったことで、やや辛口の演奏会になった。イタリア語の’formazioni’は英語でいうと’formation’であり、構成、構造、それに、和製英語化した「フォーメーション」でイメージされるような隊列の意味もある。まず、一見して楽器の配置の異様さに驚かされるが、この作品が優れたものであるか否かは、この配置がどれぐらい意味あるものとして聴き手に伝わるかという、その1点にかかっているといっても過言ではあるまい。結論を先に言えば、上々の結果であった。リッカルド・シャイー時代のアムステルダム・ロイヤル・コンセルトヘボウ管による1987年の初演としては、時代的に目立って先駆的とはいえないまでも、結構な前線には位置しているし、作品がもつ意味合いは深く、複数の結論を構成するだろう。

続きを読む "カンブルラン ベルリオーズ イタリアのハロルド ほか 読響 サントリー定期 1/14" »

« 2014年1月12日 - 2014年1月18日 | トップページ | 2014年1月26日 - 2014年2月1日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント