2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »

2016年5月22日 - 2016年5月28日

2016年5月28日 (土)

ジョナサン・ノット(指揮) ブラームス ドイツ・レクイエム ほか 東響 639th 定期 4/24

【私のドイツ・レクイエム】

最近、フィンジの公演評を書いたが、ブラームスの『ドイツ・レクイエム』も、私にとっては特別な曲のひとつだ。私の記憶のなかにある最初のクラシック生演奏体験は1998年5月のアルゲリッチの公演で、この公演は調べてみると、ベートーベンのピアノ協奏曲第2番をメインとしており、アルゲリッチが弾き振りをする予定だったが、当日変更になり、ラビノヴィッチが指揮を執った。演奏内容は残念なことに、まったくなにも憶えていない。当時、僕はまだ学生だったと思うが、本格的なコンサート通いが始まったのは就職してからで、2003年にスクロヴァチェフスキがザールブリュッケン放送響を率いて、つくばに来たときのことが印象ぶかい。当時の僕は「第九」とピアノ音楽のファンで、特にアルゲリッチやアンスネスのピアノを好んでおり、一方では天邪鬼な稀少レパートリーを愛しており、二期会の公演で、ブリテンの歌劇『ヴェニスに死す』を観たり、ラフマニノフのピアノ協奏曲第4番(独奏はA.ギンディン)を聴いて喜んでいたりする一面もあった。既にチェコ音楽のファンでもあり、パノハQを聴きにいったりもしたが、それはまだ十分には楽しめなかった。

続きを読む "ジョナサン・ノット(指揮) ブラームス ドイツ・レクイエム ほか 東響 639th 定期 4/24 " »

« 2016年5月15日 - 2016年5月21日 | トップページ | 2016年5月29日 - 2016年6月4日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント