2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »

2017年2月19日 - 2017年2月25日

2017年2月19日 (日)

アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18

【太陽王ルイⅩⅣが支援した音楽家たち】

湯島の求道会館で、アンサンブル・ラ・レヴェランスの公演を聴いた。フランソワ・クープランのやや規模の大きな作品を中心に、リュリの作品のチェンバロ(クラヴサン)による編曲ものと、オトテールのオーボエ・デュオを組み合わせ内容だが、その背後にはひっそりと・・・否、堂々たる「太陽王」ルイⅩⅣの陰があった。畏れ多くも、彼はこのプログラムにはっきりと登場していたのかもしれない。リュリの放つフランス的香気と、アルカンジェロ・コレッリに代表されるイタリア趣味を媒介するアポローンの役として。「大クープラン」フランソワは、ややアイロニカルな興趣をもつオマージュ的標題音楽『リュリ讃』において、音楽と神話に関係づけ、彼の英雄リュリがアポローンによって聖地パルナッソス山に招かれ、もう一方の雄コレッリと邂逅し、新たにイタリア趣味を融合したトリオ・ソナタ『パルナッソス山の平和』を生み出すまでの様子を音楽にした。このアポローンがかつてバレエの踊り手として、その役を好んだという太陽王のことを指すのは明らかであり、クープラン、リュリ、オトテールらの支援者として、ルイⅩⅣの存在は欠かせないのである。

続きを読む "アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18" »

« 2017年2月12日 - 2017年2月18日 | トップページ | 2017年3月12日 - 2017年3月18日 »

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント