2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

室内楽

2017年12月12日 (火)

相曽賢一朗 vn & 濱倫子 pf デュオ・リサイタル ベートーベン ヴァイオリン・ソナタ第1番 ほか @浜離宮朝日ホール 11/24

【新しいデュオ結成】

ピアニストの濱倫子の活動については、このページでも繰り返し取り上げてきた。私が最後に聴いたのは2014年の個人リサイタルで、その後、まったく来日(帰郷)がなかったわけではないが、数年ぶりに足を運ぶことになった。3年前には身重だったのが楽になり、学生時代以来のトリオからは脱けて、少しずつ環境が変わっている。ミリオンコンサート協会に国内のマネジメントが変わっても、あまり見るべきものはなかったが、今回、同事務所のヴァイオリン奏者、相曽賢一朗とデュオを組むことになり、ようやく新しい一歩を踏み出すことができた。両者は数年前から時間を見つけて邂逅を重ねてきたそうだが、2人を結びつけるのに役割を果たしたのはオーディオ出身の評論家で、プロデューサーの中野雄氏であるらしい。濱はドイツのカールスルーエを拠点に活動し、相曽は米国で、それぞれ演奏家、教育者として評価を受ける一方、母国ではあまりにも無関心に曝されているというべきだろう。

続きを読む "相曽賢一朗 vn & 濱倫子 pf デュオ・リサイタル ベートーベン ヴァイオリン・ソナタ第1番 ほか @浜離宮朝日ホール 11/24" »

2017年11月17日 (金)

ヴァレンティン・シルヴェストロフ 80歳記念ガラ・コンサート アレクセイ・リュビモフ pf ほか 11/9

【3時間で一挙に詰まった距離】

ロシアの作曲家ヴァレンティン・シルヴェストロフは、歴史のなかに埋もれた天才なのであろうか。そもそも、ここ100年ほどのクラシック音楽は、その歴史に触れるにも手ごろな資料が少ないのだが、わけてもシルヴェストロフは、そこからさらにはみ出るような場所で、美しい花を咲かせてきた。日本ではほとんど知られておらず、今回が初来日となった。そして、衝撃が走ったのである。いきなり80歳を祝う特別な機会で演奏された彼の作品には幅があり、同時に統一感にも満ちて、ずっしりと重かった。ホールのプロデューサーによれば2時間を予定していたというコンサートが、3時間に膨らんだのはなぜだろう。ともかくオペラよりも長い、この貴重な時間が私たちの距離をみるみるうちに縮めていったのだ。

続きを読む "ヴァレンティン・シルヴェストロフ 80歳記念ガラ・コンサート アレクセイ・リュビモフ pf ほか 11/9" »

2017年10月13日 (金)

アンサンブル・ノマド ヴァスクス 『遠き光』 ほか 設立20周年記念 「饗宴」vol.1 9/23

【饗宴シリーズ】

現代音楽は、ひとつには優れた演奏家によって支えられているともいえる。ドイツ、オーストリア、フランス、アメリカなどには、必ず現代音楽を魅力的に演奏できる力強い発信者がいるものだ。アンサンブル・モデルンクラングフォーラム・ウィーンアンサンブル・アンテルコンタンポランICEなどのアンサンブルや、アルディッティQクロノスQのような人たちだ。また、かつてのロストロポーヴィチのように、優れた演奏家が個人で見所のある作品を広めていく例もある。この日の演目のひとつ、ペトリス・ヴァスクスの『遠き光』も、世界的なヴァイオリニストであるギドン・クレーメルの力添えなしには大きな成功を掴めなかったかもしれない。

続きを読む "アンサンブル・ノマド ヴァスクス 『遠き光』 ほか 設立20周年記念 「饗宴」vol.1 9/23" »

2017年7月13日 (木)

クァルテット・エクセルシオ ブラームス 弦楽四重奏曲第2番 32nd 東京定期 7/8

【日本では彼らにしか組めないプログラム】

この日のクァルテット・エクセルシオ(エク)の演奏会のプログラムは、日本のなかでは、彼らにしか組めないよう演目が並んだ。その内実は、すべてメインで通用するほどの十分なクオリティをもっている。しかし、ベートーベンの後期作品、シューベルトの「死と乙女」「ロザムンデ」のように、ニックネーム付きの著名な作品と比べると、広く知られてはいない。ブラームスだと、3番は比較的、よく演奏されるものの、2番となると稀だ。作曲年は、2年しかちがわないというのに。

続きを読む "クァルテット・エクセルシオ ブラームス 弦楽四重奏曲第2番 32nd 東京定期 7/8" »

2017年2月19日 (日)

アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18

【太陽王ルイⅩⅣが支援した音楽家たち】

湯島の求道会館で、アンサンブル・ラ・レヴェランスの公演を聴いた。フランソワ・クープランのやや規模の大きな作品を中心に、リュリの作品のチェンバロ(クラヴサン)による編曲ものと、オトテールのオーボエ・デュオを組み合わせ内容だが、その背後にはひっそりと・・・否、堂々たる「太陽王」ルイⅩⅣの陰があった。畏れ多くも、彼はこのプログラムにはっきりと登場していたのかもしれない。リュリの放つフランス的香気と、アルカンジェロ・コレッリに代表されるイタリア趣味を媒介するアポローンの役として。「大クープラン」フランソワは、ややアイロニカルな興趣をもつオマージュ的標題音楽『リュリ讃』において、音楽と神話に関係づけ、彼の英雄リュリがアポローンによって聖地パルナッソス山に招かれ、もう一方の雄コレッリと邂逅し、新たにイタリア趣味を融合したトリオ・ソナタ『パルナッソス山の平和』を生み出すまでの様子を音楽にした。このアポローンがかつてバレエの踊り手として、その役を好んだという太陽王のことを指すのは明らかであり、クープラン、リュリ、オトテールらの支援者として、ルイⅩⅣの存在は欠かせないのである。

続きを読む "アンサンブル・ラ・レヴェランス フランソワ・クープラン リュリ讃 ほか 2/18" »

2017年1月15日 (日)

現代音楽演奏コンクール 「競楽XⅡ」(本選) 12/16 

1945年以降の室内楽作品(クラシック音楽)で、そのパフォーマンス、演奏家としてのセルフ・プロデュース・スキルを競う「競楽ⅩⅡ」の本選会を聴いてきた。「競楽」はいわゆるコンペティションの一種ではあるものの、若手音楽家の発掘やプロデュース、教育的な効果や、音楽家どうしの交流をテーマとした一般的なものとは、いささか毛色がちがうものだ。私はこのコンペティションは、既にコンペティションのクラスからはみ出た、優れて個性的な表現意欲をもった音楽家たちの限界と可能性を問うものであると認識している。それは過去の入賞者、参加者をみれば一目瞭然であり、例えば、いま話題性の高い作曲家で、ピアニストの新垣隆も、第4回にヴァイオリンとのデュオで参加して、審査委員特別奨励賞を授かっている。

続きを読む "現代音楽演奏コンクール 「競楽XⅡ」(本選) 12/16 " »

2016年12月21日 (水)

ダンテ・クァルテット スタンフォード 弦楽四重奏曲第5番 ほか @鶴見区民文化センター・サルビアホール(音楽ホール) 11/26

【スタンフォードについて】

ダンテ・クァルテットは、英国を拠点とする弦楽四重奏団である。1995年、前身のピアノ四重奏団 DOMUS としての活動を引き継いで、同団創設メンバーのヴァイオリニスト、クリシア・オソストヴィッチを中心に結成された。リーダー以外のメンバーは近年、入れ替わっており、そのバックボーンも様々だが、演奏のクオリティを聴く限り、グループは発展的に新しい歴史を積み上げてきたといえるだろう。ドームスの活動は、どこにでも出張できる自前のコンサート・スペースを運搬しながら、ボーダーレスな広がりを狙った活動を行うところにあったようだ。現在のメンバーは教育や後進の指導に携わる者が多く、我々に身近なところでは英王立音楽院の教授で、今井信子の高弟であるヴィオリスト、井上祐子がいる(ヴィオラ・スペースなどにも出演)。この日のプログラムも、そうしたところに引っ掛けたような意味合いがあったのかもしれない。

続きを読む "ダンテ・クァルテット スタンフォード 弦楽四重奏曲第5番 ほか @鶴見区民文化センター・サルビアホール(音楽ホール) 11/26" »

2016年10月 5日 (水)

小林秀子 va 室内楽演奏会 「ヴィオラの巨匠、ライナー・モークを迎えて」 9/18 @ムジカーザ

【欧州に腰を据える日本人】

この演奏会の中心にいたのは、ひとりの音楽家だった。小林秀子はドイツで、ヴィオラ協会の会長にまで上り詰めたステイタスの持ち主で、その見識と技能、それに人望の高さには疑うべきところもない。彼女の師はライナー・モークであり、カラヤン時代のベルリン・フィルで一時期、首席奏者を務めた実力者だが、程なく生地のケルンに帰って、後進の指導に喜びを見出すこととなった。小林もドイツのマンハイム音楽大学で、教授職を務めている。その弟子のひとりがこの日、ヴァイオリンを弾いた白田照頼だ。そして、第1ヴァイオリンを弾いたのは、小林の夫で、ダルムシュタット国立歌劇管で長年、コンサートマスターを務め、室内楽でも活躍するヤツェック・クリムキェーヴィッチ。東京フィル首席チェロ奏者の金木博幸が、我々にとって、もっとも身近だが、彼は小林の日本における学友である。

続きを読む "小林秀子 va 室内楽演奏会 「ヴィオラの巨匠、ライナー・モークを迎えて」 9/18 @ムジカーザ" »

2016年8月25日 (木)

アーサー・ブリス オーボエ五重奏曲 ほか 新日本フィル 室内楽シリーズ #102 吉村 知子・プロデュース 7/13

【ブリス:オーボエ五重奏曲】

新日本フィル(NJP)の室内楽シリーズについて、101回目の大島ミチルを中心としたプログラムには感銘を受けたが、次の回も連続して興味ぶかい内容になっていた。プロデューサーは、第2ヴァイオリン首席の吉村知美。自らは弦楽器奏者だが、フルートの野口みお、オーボエの新首席奏者である金子亜未を2枚看板とする公演で、特にアーサー・ブリスのオーボエ五重奏曲がメインに組まれている。この曲目については、私も鑑賞した昨年7月の「国際ダブルリードフェスティバル2015・東京」で同曲を演奏したことがきっかけになっているそうで、不思議な因縁を感じるものだ。

続きを読む "アーサー・ブリス オーボエ五重奏曲 ほか 新日本フィル 室内楽シリーズ #102 吉村 知子・プロデュース 7/13" »

2016年8月19日 (金)

笠川恵 グリゼイ 『プロローグ』 ほか 東京オペラシティ B→Cシリーズ #183 6/28

【平凡なるものの嘆き】

東京オペラシティの「B→C」シリーズで、ヴィオラの笠川恵のリサイタルを聴いた。ドイツのハイテク集団「アンサンブル・モデルン」の所属と聞いていたから、かなりの凄腕だろうと思ってはいたが、それ以上に説得力あるパフォーマンスで、難解な曲でも、よく知られた曲であっても、彼女がそういう(弾く)のなら間違いはないというような信頼感を抱かせる演奏だった。考え抜かれ、研ぎ澄まされたパフォーマンスが彼女の身上だが、とりわけ左手のパフォーマンスは美しく、柔らかみがあって、精緻な音楽に貢献している。ヴィオラらしい、深く、情感に満ちた音色が、楽器の深い部分から自然に奏でられている。

続きを読む "笠川恵 グリゼイ 『プロローグ』 ほか 東京オペラシティ B→Cシリーズ #183 6/28" »

より以前の記事一覧

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント