2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

ピアノ

2017年3月17日 (金)

今井顕のシューベルト D568 & D959 & トークタイム「タブーへの挑戦」 3/8

【ウィーン音楽とビーダーマイヤー】

今井顕は、ウィーンの最高楽府=ウィーン国立音大において、24年間の長きにわたって教鞭をとり、オーストリー政府より名誉教授の終身称号を得たピアニストである。古くはフリードリヒ・グルダ、現在もパウル・バドゥラ・スコダルドルフ・ブッフビンダーなどに継承されるウィーンのピアニズムは、きわめて特徴的な音楽である。フランスの瀟洒で色鮮やかなスタイルや、ドイツ・ピアニズムのカチッとした機能美とは異なり、貴族的な気品とともに、ある種の大らかさが感じられ、ウィンナー・ワルツに象徴される自由な揺らぎがあるせいだろう。ウィーンのピアニストは、圧倒的な技巧的な冴えや演奏の迫力で人を魅せるのではなく、自分だけにしかない意外なこだわりや、遊びの領域を広くもちながらも、現地特有の独特なプラットフォームを守り、めいめいの美学によって飾っていくのである。こうしたことの歴史的起源としては、ウィーン・ハプスブルク帝国のビーダーマイヤー時代に醸成された雰囲気が挙げられる。

続きを読む "今井顕のシューベルト D568 & D959 & トークタイム「タブーへの挑戦」 3/8" »

2017年3月15日 (水)

井上郷子 ピアノ・リサイタル #26 「近藤譲 ピアノ作品集」 3/5

【波のような創作史】

井上郷子は、以前から聴いてみたいアーティストだった。かつて両国門天ホールへアイヴズを聴きにいったときのこと、その企画の芸術監督だった彼女が偶々、私のすぐちかくに座っていたのを記憶している。不明ながら、私はその人を知らなかった。

続きを読む "井上郷子 ピアノ・リサイタル #26 「近藤譲 ピアノ作品集」 3/5" »

2016年9月22日 (木)

ホアキン・アチュカロ ピアノ・リサイタル アルベニス 「エル・プエルト」「エル・アルバイシン」~『イベリア』 ほか @浜離宮朝日ホール 9/20

【単純性と複雑性との対話】

ホアキン・アチュカロ(アチューカッロ)のピアノ・リサイタルは、本当に不思議な雰囲気だった。ある意味では、期待を裏切られるパフォーマンスだ。アチュカロは1932年生まれ、スペインの巨匠で、世界的にみても特異な位置を占める音楽家といえるが、日本での知名度は、知る人ぞ知るというレヴェルに止まっている。彼は最初の演目として、マイラ・ヘスの編曲によるバッハのカンタータ第147番より『主よ、人の望みの喜びよ』を選び、そうしたイメージをも真っさらにした上で、音楽に集中するよう促していた。私はこの素っ気ない作品の演奏中に、「単純性と複雑性との対話」というキーワードを思いつき、それを念頭に置いて耳を傾けていると、この演奏会が面白いようにうまく嵌まるのに気づいたのだ。だが、そうした予感(あるいは予見)が確信に変わるのは若干、先のほうの話になる。

続きを読む "ホアキン・アチュカロ ピアノ・リサイタル アルベニス 「エル・プエルト」「エル・アルバイシン」~『イベリア』 ほか @浜離宮朝日ホール 9/20" »

2016年6月16日 (木)

アレクセイ・リュビモフ ピアノ・リサイタル シルベストロフ ピアノ・ソナタ第2番 ほか @豊洲文化センター 5/18

【概要】

ピアニストのアレクセイ・リュビモフについては、あまりよくは知らなかった。2011年にすみだトリフォニーホールの公演で来日しているが、それも逃している。私は今回のプログラムがとても好きで、ようやく足を運ぶ気になったほど遅れ馳せであるが、その素晴らしさにたちまち魅了されたというほかないだろう。生粋のピアノ好きを多く唸らせる鬼才は、フォルテピアノのような時代ものの鍵盤を自由に操り、古楽に関するレパートリーも手の内にしているし、ペルトやシルベストロフといった同時代のロシアの作曲家をはじめ、現代のプログラムにも幅広い知見を有しているようだ。ロシアの高名なピアノ楽派、ゲンリッヒ・ネイガウスとレフ・ナウモフから直接の薫陶を受け、伝統的なピアニズムの継承者としても申し分のない立場にある。

続きを読む "アレクセイ・リュビモフ ピアノ・リサイタル シルベストロフ ピアノ・ソナタ第2番 ほか @豊洲文化センター 5/18" »

2016年3月 4日 (金)

高橋悠治 ピアノ・リサイタル 「夜の音楽」 ヴィクトル・ウルマン ソナタ第3番 ほか 2/23

【概要】

高橋悠治のピアノ公演については昨年3月に初めて聴いて、深い感銘を味わった。まず、技術的に完璧なアーティストであり、いくつかのテーマがフーガのように重ねられていく演奏会の緻密な構造や、曲間に語る大学の講義のようなコメントなども面白く、世界的にみても、なかなかお目に掛かれないパフォーマンスであろうと感じた。その日のコンサートはさらに、富山妙子女史による映像とのコラボレーションがあり、それが福島原発の事故をモティーフにしたものであったため、まったく世にも珍しい機会だったのである。今回のリサイタルは、そこまでではないものの、やはり、高橋でなければできない特別な内容だったことでは変わりがない。

続きを読む "高橋悠治 ピアノ・リサイタル 「夜の音楽」 ヴィクトル・ウルマン ソナタ第3番 ほか 2/23" »

2016年2月20日 (土)

ローラン・カバッソ ベートーベン ディアベッリ変奏曲 ほか @JTアートホールアフィニス 1/19

【ラヴェルとドビュッシー】

ローラン・カバッソはパリ国立高等音楽院の教授を務めるようなピアニストだが、彼のことをフランスを代表するピアニストのひとりと見做している日本の音楽ファンはまだ多いとは言えないようである。ただ、最近では、2015年の「ショパン・コンクール」の覇者であるチョ・ソンジンを同音楽院で指導していることで話題となった。今回は「ねもねも舎」なるグループによる、ほとんど非営利的な招聘による稀有な機会で、カバッソの来日がセットされた。なお、「ねもねも舎」はピアノのメンテナンスや、特殊パーツの販売、ピアノの修理や改造を通して、あらゆるレヴェルのピアノ演奏家をサポートする「石山洋琴工房」という事業体と関係しており、その一部としてコンサートの開催をときどき行っているようだが、演奏会そのものはたったの2500円という席代を見るにつけても、商業ベースに乗るものとは思われなかった。そんな値段でこのクラスの音楽家のパフォーマンスに接することができる機会は、金輪際、期待できないというべきだろう。

続きを読む "ローラン・カバッソ ベートーベン ディアベッリ変奏曲 ほか @JTアートホールアフィニス 1/19" »

2015年12月22日 (火)

クリスティアン・ツィメルマン オール・シューベルト・プログラム ソナタ第21番 ほか 11/29 @所沢 MUSE

【ツィメルマン in 所沢ミューズ】

ポーランド人のピアニスト、クリスチャン・ツィメルマンは完璧主義者として有名で、レパートリーの拡大にも保守的であるが(最近、ポーランドの音楽についてはその限りでない)、彼ほどのアーティストがシューベルトの録音に関しては、私の知るところ、即興曲ぐらいしか入れていないのはまことに不思議なものである。今冬の日本ツアーでおこなわれるシューベルト・プログラムの披露は貴重な機会であり、ピアニスト自身にとっても重要なプロジェクトであろう。親日家で、日本に住まいもあるというツィメルマンだが、2ヶ月くらいにわたって、シューベルトを中心としたプログラムを日本各地で演奏する計画になっている。私は、所沢ミューズでの最初期の公演でこれに接することになった。

続きを読む "クリスティアン・ツィメルマン オール・シューベルト・プログラム ソナタ第21番 ほか 11/29 @所沢 MUSE" »

2015年12月 4日 (金)

瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノデュオ・リサイタル2015 権代敦彦 委嘱新作 ほか 「連弾ソナタ250年に」 10/26

【構成】

瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノ・デュオの演奏会も、大分、馴染みになってきた。夫婦によるアンサンブルだが、一切の妥協なく、完璧な音楽をめざす姿勢は日ごとに向上しているように思われる。今回の演奏会では、敢えて連弾の作品だけを選び、2人が肩を並べて演奏した。同じ連弾でも、曲ごとにスタイルは異なっており、決して閉じた可能性だけがあるわけではないことがよくわかる。

続きを読む "瀬尾久仁&加藤真一郎ピアノデュオ・リサイタル2015 権代敦彦 委嘱新作 ほか 「連弾ソナタ250年に」 10/26" »

2015年3月12日 (木)

高橋悠治 ピアノ・リサイタル 簡潔な線 透明な響き 「見えないフクシマのための沈黙の音」 2/26

【芸術と政治】

高橋悠治は1938年生まれ、76歳のピアニストだが、独特の活動を展開している。一口にいって左翼的な社会運動家であり、ノーノやジェフスキーのようなタイプの音楽家と思われるが、何十年と積み重なった過去の歩みをよく知らない上、それを取り囲んできた雰囲気についても知らないので、その点について、あまり触れるつもりもない。そのことと今回のリサイタルと、もちろん関係がないとは言わないが、そんなレッテルから自由なところに音楽は流れているように感じられた。今回、高橋とコラボレートした画家の富山妙子女史もまた、「左翼」というレッテルを貼られている。日本の未熟な芸術的観念のなかでは、芸術家が政治に携わるのは一様に醜く、芸術的価値を貶める行為であるとされているため、彼らが蒙ってきた損害は、日本では致命的に大きいものだろう。私はプロパガンダ芸術のように、直接的に芸術を政治の道具にすることには反対しているが、同時に芸術家の鋭い視点がなければ、政治の真実を見通すことはできないとも信じているのだ。

続きを読む "高橋悠治 ピアノ・リサイタル 簡潔な線 透明な響き 「見えないフクシマのための沈黙の音」 2/26" »

2014年7月 6日 (日)

チッコリーニ ピエディグロッタ 1924 ナポリ狂詩曲 ほか @東京芸術劇場 6/18

【ピエディグロッタ】

また今年も、アルド・チッコリーニの演奏に触れることができた喜びは隠せない。寄る年波には勝てず、氏も杖つき歩行となって、身体状況は年々、心配さを増してきている。氏と共有できる時間は年ごとに、大切にしなければならないのは明らかだ。人間は衰える。だが、チッコリーニの場合、ピアノを弾く能力だけはすこしも衰えていない。ピアノに向かい合ったとき、今までのスロー歩行も忘れるほど自然な、美しい姿勢をとり、聴き手はしばし、彼の年齢を忘れてしまう。88歳。その数字のなかには、いろいろな歴史が詰まっている。

続きを読む "チッコリーニ ピエディグロッタ 1924 ナポリ狂詩曲 ほか @東京芸術劇場 6/18" »

より以前の記事一覧

ツイッター

  • ツイッター

最近のコメント